あそこに“指輪はめて”抜けず、本人は「風呂で落としたらはまった」。

2016/06/28 20:13 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年10月、中国・広西チワン族自治区玉林市の男性が、ナットの穴に“あそこ”を入れて抜けなくなるというトホホな話が報じられた(参考:あそこにナットがはまり大手術、世界が報道「ナットはとても小さかった」。http://www.narinari.com/Nd/20151034338.html)が、今回の男性も負けてはいない。自身の指輪にあそこを“挿入”して2日間も放ったらかしにし、あやうく壊死させるところだったそうだ。

中国メディア・東南網などによると、このトホホな行為に及んだのは福建省の50歳前後の男性。6月24日午後、中山医院に現れた男性は、一見おかしなところはなかったそうだが、医師がパンツを脱がせてみてびっくり。男性器に指輪がはまっており、先端部分は充血がひどく、まるで“卵のような大きさ”にまで膨らんでいたという。

医師が「なぜこんなことをしたのか?」と聞くと、男性は「シャワーを浴びていたときにうっかり指輪を落とし、ハマってしまった」と答えたそうだが、これはあまりにも苦しい言い訳。しかし、指輪はすでに2日間もはまったままという状況から、医師はすぐに指輪を外すべく、専用のハサミで指輪を切断しようとしたがうまくいかず。結局、病院では処置ができないと判断され、消防隊に助けを求めることになった。

駆けつけた消防士はまずペットボトルの切れ端を指輪と皮膚の間にゆっくりと挿入。そして小さな工具を用い、慎重に指輪を切断していく作業に入った。途中、血液循環を良くするため、何度も何度も休憩を挟みながら作業は続けられたという。

最終的に何とか指輪は切断され、男性の性器も無事引き抜かれたそうだが、男性は作業中の音などでかなり神経をすり減らすことになったそう。いずれにせよ、男性の性器は壊死しておらず、医師もホッと胸をなで下ろしたと伝えられている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.