もしテッドが西部劇にいたら、“絶対に生き残らない”10の理由。

2014/09/18 10:17

全世界550億円、日本でも40億円を超えるなど、“R指定”作品では異例のヒットを記録した映画「テッド」。そのテッドの生みの親、セス・マクファーレン監督の新作「荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜」が10月10日より公開となる。これを記念して、「テッドがオールド・ウェスト(旧西部)にて絶対に生き残らないであろう10の理由」が発表された。
繧ゅ▲縺ィ隱ュ繧�







娘にいないいないばあドッキリ
娘にいないいないばあドッキリ


パパお手製のホバークラフト
パパお手製のホバークラフト


フォーミュラEの大クラッシュ
フォーミュラEの大クラッシュ





Narinari.comへのツイート




以前の記事を見る


Copyright © Narinari.com. All rights reserved.