岡田将生の“怖い”ゴミ捨て話「ゴミ捨て場から家戻るとまたゴミが…」。

2015/07/21 14:51 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優の岡田将生(25歳)が、7月21日に放送されたバラエティ番組「PON!」(日本テレビ系)に出演。仲の良い俳優の勝村政信(51歳)から、「ゴミを捨てに行き、部屋に戻ったらまたゴミがある」という恐怖(?)の出来事に遭遇していたことを暴露された。

この日、勝村から岡田の“天然キャラ”エピソードが語られる中で、岡田が「いや、それはダメだ…」と崩れたゴミ捨ての話。勝村は岡田本人から聞いた話として、「夜、ゴミを捨てに行って、家に戻ったらまたゴミがある。あれ? と(思って)またゴミを捨てに行って、家に戻ったらまたゴミがある…」と、無限ループに陥ったかのような事態が起きたという。

しかしこれ、実際は「ゴミを持って行っていなかっただけ」だったそう。つまり2回も、ゴミ捨て場に“ゴミを持った気”になって行っていたという、別の意味で怖い話だったようだが、岡田は「疲れてて…」と全く自覚がなかったそうだ。

このエピソードには番組MCのビビる大木(40歳)も「ヤバイいじゃないですか、岡田さん、ヤバイよこれは」と動揺。「手ブラで行ったら、ゴミ捨て場で『やべ、持ってくるの忘れた』とか、(ゴミがあれば手から)離した記憶とかあるじゃないですか」と掘り下げる大木に対し、岡田は「『あ、忘れた』と思って帰ってる間に、たぶん忘れちゃってるんです。疲れてるんだと思って」と当時の状況を振り返った。

勝村は「もうサザエさん越えちゃってるのよ、もう。お財布忘れたくらいじゃないからね」と、岡田の“天然キャラ”ぶりを評した。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.