村上淳主演でゴハンものドラマ、主題歌にはMs.OOJAの新曲「花」起用。

2015/05/26 11:31 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優の村上淳(41歳)、林遣都(24歳)、元宝塚・雪組娘役トップの愛加(まなか)あゆ(27歳)らが、レストランを舞台にした4話連続ドラマ「シメシ」(MBS/TBS系)に出演することがわかった。

ドラマの舞台はレストラン「ボンビーブル(仏語:素晴らしき人生!)」。「亡き祖母の手料理」「今は跡形もなくなった老舗レストランの料理」「材料がもう取れなくなった幻の料理」といった“もう存在しない料理”を再現するという不思議なレストランで、そこを訪れるのは「葛藤や悩みを抱え、人生の岐路に立たされた」人々。彼らが抱える悩みの解決のきっかけを、シェフたちが「シメシ」で与えていく。

そんな一風変わったレストランのシェフ・寺屋敷錬一役を村上、アシスタントシェフ・小瀬清役を林、さらに、一見クールだが天然な部分を持つオーナー役を愛加が演じ、レストランの客は、毎回さまざまなゲストが登場する。

今回のドラマについて、村上は「こんにちわ。村上淳です。今回非常に楽しみにしています。ありきたりなゴハンものにはならないと思います。時に泣けて。じんわり心に染みるようなドラマにしていきたいと、スタッフ一同、はりきっています。4回しか放映されない番組ですけれど、どうかお楽しみください。よろしくお願いします」と意気込みをコメント。

林は「人には誰でも忘れられない味があると思います。大好きだった母の料理、特別な日に家族で行ったあのレストラン。もう一度食べたくても簡単には食べることのできない料理を簡単に食べさせてくれる夢のようなレストラン。それが今回僕が働くレストラン『ボンビーブル』です。味覚は記憶として残り、食は人生のあらゆる場面できっかけを与えてくれます。食を通して多くの方に食べることの喜び、生きることの素晴らしさを改めて実感して頂ける、そんなドラマになると思います。始まりの飯『シメシ』是非ご覧下さい」と見どころをアピール。

また、愛加は「今回、ドラマに出演させて頂ける事になり、本当に光栄です。そして、脚本を読ませて頂き、毎回、食事をテーマにストーリーが進んでいく、その世界観に引き込まれました。レストランボンビーブルにて、村上さん、林さんという素晴らしい役者さんと共に、オーナーとしてしっかりつとめられる様、精一杯頑張りたいと思います」と喜びを語った。

なお、ドラマ主題歌にはMs.OOJAの新曲「花」が決定。この楽曲について「主題歌『花』のテーマは『誰だって花のように咲き誇ることができる』。今回はドラマの脚本を読ませて頂き、『目まぐるしい日々の中でも、真っ直ぐに生きて行く凛とした人』をイメージして書き下ろしさせて頂きました。ドラマストーリーの『二度と味わうことのできない料理を探す』になぞらえて、『二度と戻れない過去は眩しく見え、その度に全てを無くしてしまったような気持ちになるけれど、過去も含めて今の自分が一番輝いている』という思いを歌詞に込めました。ドラマと共に沢山の方に『花』を聞いて頂けたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

ドラマは、6月21日より(※TBSは23日より)毎週1話ずつ、全4話を放送。各回、放送終了後より2015年9月末まで、WEBサイト“ネスレアミューズ”(http://nestle.jp/)で見逃し配信も実施する。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.