史上初の“冷蔵”ランチパック、ローソンと山崎製パンが共同開発。

2014/08/22 18:04 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ローソンは8月26日から、山崎製パンとの共同開発により誕生した、史上初の“冷やして食べる”「ランチパック」2種類を発売する。価格は185円(税込み)。

今回発売するのは、両社が約2年かけて共同開発した“冷やして食べる”「ランチパック」。1984年の「ランチパック」発売以来、冷蔵の商品を販売するのは初めての試みだ。

常温では使用出来なかった生クリームや、野菜の“シャキシャキ”“ホクホク”とした食感を残したサラダを入れているのが特徴。品質保持のために必要な塩分や糖分を控えることができ、素材本来の味わいを楽しめる。また、パン生地に麦麹を入れることで、冷やしてもしっとり柔らかな食感キープが可能となった。

第1弾として登場するのは、「ランチパック カスタードホイップとあずきホイップ」と「ランチパック パンプキンサラダとごぼうサラダ」。今後も季節に合わせた新フレーバーを投入する予定だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.