「最恐戦慄迷宮」でホラー鑑賞、富士急ハイランドが最恐の試写会。

2014/05/29 08:30 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


富士急ハイランドは6月21日、最恐ホラー映画のシリーズ最新作「呪怨 -終わりの始まり-」の試写会を、史上最長&最恐のホラーハウス「最恐戦慄迷宮」で開催する。まさに言葉通りの“最恐の試写会”だ。

この試写会は“最恐の映画を、最恐のお化け屋敷で観よう”というホラー好きにはたまらない、“真の恐怖”を味わえるイベント。不登校の生徒の家を訪問した小学校教師が、大勢が不審死を遂げているその「呪われた家」の知られざる秘密に触れてしまう恐怖を描く「呪怨 -終わりの始まり-」(6月28日公開)を、不気味に静まり返った閉園後の「最恐戦慄迷宮」で鑑賞する企画だ。

廃墟の病院という異質な空間で観る、身の毛もよだつ最恐ホラー。声も出せないほどの恐怖を感じることは間違いなさそうだ。

さらに試写会終了後には、頭に残る恐怖を抱いたまま、「最恐戦慄迷宮」を探検してもらうという流れ。消毒液のにおいが漂う暗闇の中で目にするものは、病院内をさまよう亡霊たちなのか、それとも……。

この試写会には、抽選で20組40人を招待。応募は、富士急ハイランドの「CLUBフジQ」に入会の上、「最恐の試写会」特設ページ(http://www.fujiq.jp/special/juon)より6月8日(日)まで受け付けている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.