「黒執事」枢やなが初の原画展、映画公開&デビュー10周年記念で。

2013/11/01 13:11 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


人気マンガ「黒執事」の作者・枢やなが、映画の公開とデビュー10周年を記念して、初の原画展「黒執事原画展〜枢やなの世界〜」を開催することが決定した。2014年1月15日から22日まで、西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリーで開催する。入場料は一般700円、大学生・高校生500円、中学生300円(小学生以下無料)。

「黒執事」をはじめ、枢やなの繊細で美麗な表現は、日本のみならず世界中の人々を魅了しているが、デビュー以来初の展覧会となる同展では、肉筆画が200点以上、デジタル導入後の作品が100点以上が展示されるほか、未公開の資料、原画も多数展示。その圧倒的な世界観を実際に見ることができる予定だ。

具体的には、カラー扉やコミックの原画、原稿を200点以上展示する「黒執事コーナー」、枢やなが使用する画材やラフ画、製作過程の資料展示「枢やな先生製作室コーナー」、「Rust Blaster」など枢やなの過去作品の原画展示「枢やな先生過去作品コーナー」、オリジナル版画やオリジナルグッズを販売する「限定ショップ」などなど。

最新の情報は随時、原画展公式サイト(http://kuroshitsuji.gengaten.com/)にて公開していくので、ファンは要チェックだ。

映画「黒執事」(配給:ワーナー・ブラザース映画)は2014年1月18日(土)より、新宿ピカデリーほか全国公開。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.