MVでロングヘア40cmばっさり、井手綾香「気持ち新たに前に進めた」。

2013/07/16 06:56 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


シンガーソングライターの井手綾香(19歳)が7月17日、約1年ぶりとなるW表題曲シングル「235/消えてなくなれ、夕暮れ」を発売する。両曲は先月、ミュージックビデオのダイジェスト映像が公開されたが、「235」のMVではトレードマークとも言える40センチのロングヘアをばっさり切る様子が収録されているなど、その内容が話題を呼んでいるようだ。

両曲MVのダイジェスト映像は、それぞれ15秒ずつ、わずか30秒程度の内容。しかし、公開するや否やすぐに8万回を超える再生を記録し、このたびロングバージョンが解禁される運びとなった(「235」http://www.youtube.com/watch?v=TkgUBGSsTLk /「消えてなくなれ、夕暮れ」http://www.youtube.com/watch?v=FuinNiTBhyE)。

「わたし、自分は何を歌いたいんだろう?って去年の冬はずっと泣いてたんです。高校生でデビューしてまわりに恵まれて、わたしの作った楽曲がたくさんの人たちに届くようになって、本当に嬉しかったんです。『綾香ちゃんの歌で背中おされました!』って手紙を頂いたりすると、歌っててよかったなぁって。そうしたら、わたしももっと頑張って、もっともっとたくさんの人たちの笑顔が見たい!って思って。いっぱい曲を作って。でも、ハッて立ち止まったときに、いつの間にか自分で勝手“井手綾香はこうあるべきだ!”ってしばりつけちゃって。井手綾香の曲はこうで、外見もロングヘアで……みたいに。2013年を迎えて……もしかしたら厄年が終わったからかもしれないんですけど(笑)……急にそれまで下を向いていた私の目線を前に、そして上に向けることが自然にできたんです。そうしたら髪を切っちゃえって!思って。呪縛がとけたかのように髪を切る事で気持ち新たに前に進むことが出来たんです。そうしたらこれまで恥ずかしくてかけなかった自分自身の失恋のことも、ありのままの私だからって曲に描くことができたんです」と、ばっさりと髪の毛をカットした理由を説明する井手。

そして「これまでピアノで作曲してきたんですが、ちょうどその頃アコースティックギターを手にしたころで、私の失恋したときの思い出とその時に弾いていたギターの音がすっと違和感なく絡んだんです。ギターをちゃんと弾いたことがこれまでなかったんだけど、ちょっとずつちょっとずつ私が失恋したときの光景を思い出しながらギターを弾いて、出来上がった曲なんです。結果、井手綾香初のギター作曲楽曲で、初の失恋ソングになりました。たぶん、自分の言葉をもっと赤裸々にって思ったらあふれてきたのが失恋の思い出だったんですね……」と、曲に込めた想いを語っている。

井手は2012年エスエス製薬ハイチオールCプラス CMソング「雲の向こう」やパンテーン2012年春CMソング「ヒカリ」、ロンドン五輪競泳日本代表 寺川綾選手へ応援ソング「つばさ」などえ知られるシンガーソングライター。7月17日には大阪・梅田AKASOにて10代最後となるワンマンライブ、7月19日には東京・渋谷Pleasure Pleasureにて20歳の誕生日を記念したワンマンライブ「ハタチになるっちゃけど!」が開催される。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.