Deep Purpleが8年ぶりの新作、昨年他界のジョン・ロードに捧ぐ一枚。

2013/03/18 11:08 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ハード・ロックの歴史を語る上で絶対に避けては通れない伝説的ロック・バンドのディープ・パープルが、2005年発表の「ラプチャー・オブ・ザ・ディープ」以来となる、約8年ぶりにして通算19作目のスタジオ・アルバム「ナウ・ホワット?!」を5月にリリースすることがわかった。

メンバーは、シンガーのイアン・ギラン、ドラマーのイアン・ペイス、ベーシストのロジャー・グローヴァー、キーボーディストのドン・エイリー、そしてギタリストのスティーヴ・モーズ。この5人が作りあげた本作のプロデュースを担当したのは、これまでピンク・フロイドの「ザ・ウォール」やKISSの「地獄の軍団」、ハノイ・ロックスの「トゥー・ステップス・フロム・ザ・ムーヴ」といった超名盤を手掛けてきたボブ・エズリンだ。

また本作は、バンド結成メンバーであり、リーダーでもあったキーボード奏者のジョン・ロードが昨年7月に他界してから、ディープ・パープルとしての最初の作品となり、アルバムのアートワークには、「This album is dedicated to JON LORD(本作をジョン・ロードに捧ぐ)」とプリントされる。

ボーナスDVDが付属したデジパック仕様の限定盤も同時発売されることになっており、そのDVDには、本作についてメンバーが語るシーンや、オーディオ・マテリアルを収録。さらに日本盤CDには、限定盤と通常盤でそれぞれ異なるボーナス・トラックが収められる予定だ。

なお、本作のスペシャル・ウェブサイト(http://www.deeppurple2013.com/)では、新曲「オール・ザ・タイム・イン・ザ・ワールド」のリリック・ビデオが公開されている。

収録曲は以下のとおり。

1. A Simple Song
2. Weirdistan
3. Out Of Hand
4. Hell To Pay
5. Body Line
6. Above And Beyond
7. Blood From A Stone
8. Uncommon Man
9. Apres Vouz
10. All The Time In The World
11. Vincent Price

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.