10年待った娘妊娠に喜び爆発、報告受けた母の涙と絶叫の反応が話題。

2013/01/29 14:01 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


結婚した途端に、孫の誕生を楽しみにする親からのプレッシャーが……というのはよくある話。カナダのある夫婦も、孫を欲しがる妻の母から、10年間にわたりプレッシャーを受け続けていた。そして昨年12月、この夫婦についに赤ちゃんが出来たと判明。そこで2人は、家族が母の家に集まるクリスマスに皆へ報告しようと考え、伝えた瞬間の母の表情を捉えようと撮影を試みたそうだ。

その動画が、1月17日付でYouTubeに投稿された「Mom finds out she's going to be a GRANDMA! HILARIOUS REACTION!!!!!」(http://www.youtube.com/watch?v=dzj1FYa18UI)。投稿したのは、カナダ東部のノバスコシア州ハリファクスで暮らすジョセリン・ブラウンさんで、彼女は昨年12月上旬に妊娠していることがわかった。孫を待ち望んでいた彼女の母シャーリーさんに待望の報告ができると考えた夫妻は、クリスマス・イブに家族全員が母の家に集まった際に知らせようと計画。それまでは家族の誰にも一切知らせず、その日を迎えたという。

そして当日、ジョセリンさん夫妻は母を含む家族4人に、特別なクリスマスプレゼントを用意した。小さな宝石箱のようなプレゼントの包みを開けると、そこから出てきたのはアルファベットが記されたブロック。4人に渡したブロックを合わせると「BABY」の綴りが出来上がり、そのメッセージから妊娠の報告と気付いてもらおうという作戦だ。

動画では、まず、母シャーリーさんが「何をくれるのかしら」と期待しながら包みを開けている。そして「ブロックね」と中身に気付いた途端、そのブロックを勢いよく上へ放り投げ、「赤ちゃんができたのね!」と絶叫。映像を見る限り、シャーリーさんはほかの家族に渡されたブロックの文字に気付いている様子はないが、カナダ放送局CTVに対し「“B”の字を見てすぐに分かった」と話しており、“女の勘”で娘夫婦の妊娠報告だと気が付いたようだ。

その後、歓喜の声を上げながら手を叩き、足をばたつかせて惜しむことなく気持ちを表現したかと思えば、嬉しさのあまり泣き出す母。あまりの反応に、周りの家族からは笑い声が聞こえてくる。しかし、シャーリーさんが喜びを爆発させたのも当然で、「10年間、おばあちゃんになるのを待ち侘びていた」母は、ジョセリンさんに「ずっと赤ちゃんを作るよう願っていた」そうで、娘の妊娠報告は長年の願望が叶った瞬間となったからだ。

動画は公開後、カナダや米国のメディアで紹介されて北米を中心に話題となり、自分の喜ぶ姿を多くの人に見られるのが「少し恥ずかしい」と話しているシャーリーさん。しかし、孫の誕生を素直に喜ぶ彼女の姿に、視聴した多くのユーザーは面白くも微笑ましい印象を持っているようだ。ジョセリンさんは今年7月に出産予定。今度は孫と初対面を果たす際のシャーリーさんを映した動画も、ぜひ見てみたいところだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.