「贈り物代に」大家が家賃減額、12月分の“粋な計らい”に住民感動。

2012/12/19 17:07 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


米ロサンゼルスのあるアパートの大家さんは、先日、ホリデーシーズンのプレゼントとばかりに、入居者たちへ粋な計らいをした。これに大喜びした住人の1人が「素晴らしい大家さん」とソーシャルサイトにコメントと写真を投稿したところ、大きな反響を呼んだそうだ。

この写真は、米ソーシャルサイトredditに12月1日付で投稿されたもの。“mikeoley”さんというユーザーが、自分が住むアパートの大家さんから送られてきた手紙を写真に収めて紹介したものだ。手紙は“ジョエル”という名の大家さんが「ハッピーホリデー」と題して11月28日付で入居者へ配ったようで、写真には全文が収められている。

「私たちはまた、ホリデーシーズンの始まりを迎えました」と切り出される本文。このアパートでは近年、クリスマスシーズンで忙しくなる住民たちに大家さんが「少し援助する伝統があった」と言い、「今年も継続できて嬉しく思う」とつづった大家さんは、「12月分の家賃から70ドル(約5,800円)を差し引く」と宣言した。続けて「あなたの大事な人に贈るプレゼント代に使って欲しい」と家賃減額の意図が説明され、クリスマスで出費が増えるであろう入居者たちへの優しい心遣いというわけだ。

さらに「入居を続けてくれていることに感謝したい」と低姿勢な大家さんは、「最も幸せで明るいホリデーシーズンになるよう祈っている」との言葉を添え、手紙を締めくくった。

この内容に感動した「mikeoley」さんがredditに投稿したところ、共感する多くのユーザーの声が続々。わずか1日の間に「600件以上のコメント」(米放送局CBSロサンゼルスより)が書き込まれたという。

そのページ(http://www.reddit.com/r/pics/comments/1404bv/good_guy_landlord/)を見てみると、大家さんとの関係性を巡る議論や、今回のような経験談の紹介など、内容は実にさまざま。しかしいずれにしろ、ユーザーの多くが「言うまでもなく、これまでで最高の大家」(米ニュースサイト・ハフィントンポストより)と感じているようで、住民たちはさぞ幸せな年末を過ごすに違いない。

とはいえ、1月分は「通常の家賃に戻す」との追伸をしっかり添えてきっちりとした一面も見せるあたりも、“最高の大家”ならではの仕事ぶりと言えそうだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.