KFCが新メニュー商品化選挙、カーネル手記にあるレシピから3品。

2012/06/07 13:52 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ケンタッキー・フライド・チキンの創業者カーネル・サンダースの手記につづられたレシピの中から、実際に商品化するメニューを投票で決定――。そんな“新メニュー商品化選挙”が6月6日よりスタートした。

同社公式サイト上に開設された特設ページで実施中の“新メニュー商品化選挙”には、開発が進められている3品のメニューがエントリー。投票は7月1日まで行われ、7月4日に結果発表、今秋には実際に商品として販売されるというスケジュールだ。

気になる3品は、まず、チーズやベーコンを加えたクリーミーな「マッシュポテト」。カーネルクリスピーと同じ衣で揚げ、サクサクの食感が楽しめる。次に現在販売中のビスケットの元祖とも言える「穴なしビスケット」。ビスケットのミルク風味とハニーバターのソースがポイントの一品だ。さらにカーネルの育った米南部料理でよく使われるシナモンやナツメグ、ジンジャーをブレンドしたオリジナルスパイスパウダーを生地に練り込んだ「シナモン香るドーナツ」。いずれ劣らぬ、魅力的なメニューとなっている。

なお、日本ケンタッキー・フライド・チキンは、米国ルイビルにある米KFCの書庫に約40年間、誰にも気付かれないまま保管されていたカーネルの手記「Col. Harland Sanders /The Autobiography of the Original Celebrity Chef(世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝)」の日本語版を制作。

カーネル自身の個人的な覚書や意見から、人生の教訓、食品から家族までさまざまなものに関するちょっとした逸話、事業、努力、お客様、フランチャイズパートナーに関すること、そして、カーネル自身のお気に入りレシピまで紹介されている貴重なこの手記の全文を、公式サイト(http://sogood.kfc.co.jp/)で無料公開中だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.