空からダイブ中にホテル予約、着地までのわずかな時間でiPhone使い完了。

2011/09/23 11:46 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


今や“インターネットで買い物”は当たり前の時代。パソコンや携帯電話、スマートフォンなどを利用すれば、ショッピングサイトからアッという間に希望の品を手に入れたり、チケットやホテルの予約なども簡単にすることができる。多くの人が利用するというのは、それだけ使い勝手が良いからに他ならないが、米国のホテル予約専門サイトはその良さをアピールするべく、スカイダイバーにある実験を依頼した。それが誰もマネできない予約の仕方とあって、公開された動画が話題を呼んでいるようだ。

この動画は、YouTubeに9月1日付で公開された「Hotel Booked in Freefall」(http://www.youtube.com/watch?v=Q7eHinI95rc)。米情報サイトのエージェンシー・スパイによると、動画は日本でもサービスを展開している「Hotels.com」が、iPhone専用アプリの利便性を広めるキャンペーンとして、スカイダイバーのJTホームズさんにスタントを依頼・撮影したものだ。

依頼したスタントは極めて単純で、空からダイブして目的のホテルの敷地へ着地するまでの短い時間に、アプリからホテルの予約ができるか――というもの。カリフォルニア州とネバダ州境に広がるタホ湖上空へとやってきたホームズさんに与えられた時間はおよそ1分弱。彼はこの間に、パラシュートを広げるなど必要な動作もした上で、自分のiPhoneを使ってアプリを操作し、大空を舞っている間に着地するホテルの予約を完了させようとする。

動画がスタートすると、左手にiPhoneを持ったまま、勢いよく空中へと身を投げ出すホームズさん。姿勢が安定すると早速iPhoneに視線を向け、大空の中でアプリの操作を始める。時折映る湖畔の様子からホームズさんがかなりの高さから飛んでいることが分かるが、順調に操作を進めていることから、上空でも電波に問題がなかった様子なのも面白い。

それでもちょっと操作をしている間に、遠く離れていた地面はグングンと迫って来た。高度計を気にして、くるりと1回前方宙返りを見せた彼は、飛行機を飛び出してから約40秒でパラシュートを開放。しっかりと操作も終え、それから10秒足らずで湖畔にあるホテルの砂浜へと到着し、まずはダイビングを成功させた。

砂ぼこりを撒き上げて着地したホームズさんを待ち受け、すぐに駆け寄ったスタッフは無線で予約状況を確認。その返事を聞くと、2人は固く手を取り抱き合う仕草を見せ、予約は見事に完了していたようだ。

9月23日現在で約58万回再生されているこの動画に、ユーザーからは「かっこいい」「すごい」といった一言コメントなど、数多くの賛辞が並んでいる。落下しながらiPhone操作という一風変わったスタント動画を、皆さんもぜひ一度ご覧になってみてはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.