中国鉄道アニメのパクリ否定「両作品のロボットの造型や時速が異なる」。

2011/07/21 20:08 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、中国のネットユーザーからの指摘を発端に、“パクリ疑惑”が浮上した中国の高速鉄道アニメ「高鉄侠」。中国でもかつて放映されていた日本のアニメ「超特急ヒカリアン」(中国語名は「鉄胆火車侠」)と、設定やキャラクターデザインなどの類似点が多数確認されたことで、大きな騒動へと発展している。この騒動を受け、「高鉄侠」制作会社の責任者がコメントを発表。“パクリ疑惑”を否定すると同時に、放映延期を発表した。

中国メディア広西新聞網や雲南信息報などによると、「高鉄侠」を制作したのは、2007年に設立された瀋陽非凡創意動画有限公司。同社関係者の隋氏は“パクリ疑惑”について「『高鉄侠』は唯一無二」と盗用を否定し、あくまでもオリジナル作品であることを強調した。そしてネットにアップロードされている両作品の比較動画(http://youtu.be/vlazYa6PzBU)については「あの映像はサンプルだ」と強気な姿勢を崩さず、実際に放映する“本物”とは異なるとしている。

そのほかにも同氏は“パクリ”ではない点として、「両作品のロボットの造型が異なる」「時速が異なる」ことなどを挙げて反論。しかし、時速に関しては地元紙の記者から「比較動画で表示されているのはともに270kmでは」と突っ込まれている上に、中国のネットユーザーはそもそも時速については大きな問題とはしていないため、このコメントで“パクリ疑惑”を払拭できるとは言い難い状況だ。  

また、同氏が明かした放映の延期も気になるところ。同氏は「8月と告知していたのは、昨年の段階での日程」とし、「制作の都合上、8月の放映には間に合わなかった」として10月に放映時期をズラすという。これにもネットユーザーからは「パクリの修正期間か?」などと皮肉る声が出ており、まだまだこの問題が収まる気配はない。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.