原型師の“造形天下一武道会”、「ドラゴンボール」テーマに作品競う。

2010/12/20 10:01 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


バンプレストは、同社が強みとするフィギュアなどの造形ノウハウを活かしたユーザー参加イベント「造形天下一武道会」の開催にあたり、12月20日に公式サイト(http://z-tenkaichi.bpnavi.jp/)をオープンした。

「造形天下一武道会」は、選ばれた10人の原型師が「ドラゴンボール」をテーマに原型を制作し、それぞれの作品の出来をトーナメント形式で競うイベント。優勝者には賞金100万ゼニー(100万円)と、バンプレストのアミューズメント用フィギュアブランド「MASTER STARS PIECE」の製作権が贈られる。

トーナメントは2回に分けて行われ、1回戦は原型師1対1の対戦(A〜Eブロック)で、勝敗は「どちらの原型がカッコ良いか」を公式サイトで行われるユーザー投票で決定。2回戦(決勝)は、勝ち進んだ5人+敗者復活枠1人の計6人で競われ、2011年3月に実施するイベント「バン博(バンプレスト博覧会)」において、イベント参加ユーザーと関係者で審査を行う予定だ。

こうしたイベントを開催するのは「これまでのノウハウにとらわれず、バンプレストの社外原型師による企画と一般ユーザーを結びつける新たな可能性を追求する」(同社より)のが狙いだという。

なお、「造形天下一武道会」に参加する原型は、12月21日から2011年1月10日まで、秋葉原の「東京アニメセンター」で展示を行う予定だ(※12月29日〜1月3日は休館)。


◎参戦原型師
[Aブロック]大西孝治(人造人間20号)vs.中川裕己(ベジータ)
[Bブロック]岩倉圭二(スーパーサイヤ人3孫悟空)vs.松浦健(ピッコロ)
[Cブロック]大久保一男(スーパーサイヤ人孫悟空)vs.山下マナブ(フリーザ)
[Dブロック]鈴木敏志(スーパーサイヤ人孫悟飯)vs.鈴木洋平(人造人間16号)
[Eブロック]サイトウヒール(セル)vs.中澤博之(孫悟空)

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.