おもちゃのロケットで乳歯抜く、親子の大胆な“抜歯動画”が話題に。

2010/06/18 09:20 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


どの子どもにも必ずやってくる永久歯への生え替わり。乳歯が抜けるのを自然に待つのがベストだが、時には生えてくる永久歯への影響を考え、無理に抜かざるを得ない場合もある。日本なら歯科にお願いするのが一般的ではあるものの、万国共通で聞かれるのは乳歯に糸を巻き付けて引っ張る方法。海外ではドアノブにくくりつけてドアを閉めるというパターンをはじめ、YouTubeにはラジコンカーを使った抜歯など、ユニークな抜き方に挑んだ数々の動画が投稿されている。そうした抜歯動画の中で、ここ数日話題を呼んでいるのが、おもちゃのロケットの力を借りて抜く米国人親子の動画だ。

この動画は、7歳の男の子ジミーくんの抜歯の様子を捉えた「How to pull out a tooth with a rocket... 」(http://www.youtube.com/watch?v=BPhRiaNW4UQ)。ある家のテラスに設置されたオレンジ色のロケットから、それに結び付けられた長い糸をカメラがたどっていくと、糸の末端を歯にくくりつけたジミーくんが登場する。その姿に笑い声を漏らす撮影者の父親と、後ろで無邪気に遊びまわる妹に見守られながら、ジミーくんは抜歯に挑んだ。

息子のドキドキ感を楽しんでいるかのように「何をしているの?」と問いかけるやや意地悪な父親。質問に答えるジミーくんも笑顔を見せるが、その表情には緊張の色も隠せない。そんなことはお構いなしと言わんばかりに、ロケットの発射スイッチを彼に委ねて、簡単に操作方法を説明し、さっさと「Ready」と言い出すあたりは、やはり父親は楽しんでいるよう。そして「Go!」と言われたジミーくんは、不安な表情になりながら手元のスイッチとロケットを数回見やった後、意を決して“ロケット抜歯”を実行に移した。

ロケットが発射される「プシュッ」との音とともに、糸で結ばれたジミーくんの抜歯は一瞬にして完了。その勢いに、思わず歯が抜けた部分へ手をやりながら呆然とするジミーくんだが、父親が大ウケし始めると、つられるように彼の顔にも笑みがこぼれる。

この動画がYouTubeに投稿されたのは2009年2月となっているが、ここ数日の間に複数の海外メディアに紹介された影響で再生回数が急上昇。英紙デイリー・メールでは、「2日間で50万回」とその勢いを伝えている。勇気が試される男の子の挑戦とあってか、コメント欄のほとんどは好意的。「最悪の子育てだ」「これは危険」と嫌う人も見られるが、「最高」「壮大だ」など称賛する声が圧倒的だ。今回の挑戦が親として正しい判断なのかは別の議論に譲るとして、笑いに満ちた光景を見る限り、ジミーくんにとってはきっと忘れられない想い出となったに違いない。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.