父の何気ない一言でノリノリの子ども消沈、様子を捉えた動画が大ヒット。

2010/04/03 13:48 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


自分の発言が意図しない形で受け取られ、相手が気分を害したという経験をしたことはないだろうか。冗談のつもりで発した言葉でも、相手がどう感じるかはわからないから、コミュニケーションは難しい。ビヨンセの歌を聴きながらドライブを楽しんでいた米国のある家族は、3人の子どもたちが体を動かしながら一緒に歌い、車中は楽しい雰囲気に包まれていた。しかし、父親が放った何気ない一言で子どもたちのムードは一変。その様子を捉えた映像がYouTubeに投稿され、評判を呼んでいる。

悲しくも楽しいワンシーンが見られるのは「Single Ladies Devastation」(http://www.youtube.com/watch?v=sb9eL3ejXmE)という50秒の動画。後部座席に座っている2人のお姉ちゃんが、曲がかかるのを今か今かと待ちわびている状態から動画は始まる。そして今年グラミー賞を獲得した「Single Ladies」が流れると、とびっきりの笑顔で手を振り体を振り、曲に合わせて楽しそうに歌いだした。  

カメラが動くと、お姉ちゃんたちの隣にはチャイルドシートに座った3歳の男の子の姿。彼もまた手を目一杯振って、お姉ちゃんたちと一緒にビヨンセの歌を楽しんでいる。しかし、このあと、父親が男の子に発した一言で子どもたちのムードは一変してしまった。

歌詞に合わせて「Single Ladies」と連呼する子どもたちを見た父親は、笑いながら、からかうように「おまえはシングルレディーじゃないだろ?」と男の子に言ってしまう。すると、笑顔で無邪気に手を動かしていた男の子が、突然スイッチが切れたように無表情になり停止。わずかに訪れた静かな間に異変を察知した父親は、「そうだよ、そうだよ、おまえはシングルレディーだよ」と慌てて男の子を励まし、お姉ちゃんも何とかあやそうとするが、時すでに遅し。男の子は大声をあげ、泣き始めてしまった。

最高の雰囲気を台無しにしてしまった父親は、男の子に「あー、ごめん、ごめん」と必死に謝罪。助手席の母親と反対のお姉ちゃんの一人は、手を伸ばしてあやそうとしているが、間に挟まれたもう一人のお姉ちゃんは腕を組んで不機嫌な表情に。「どうしてくれるのよ」と言わんばかりに、呆れた表情を見せるお姉ちゃんのこのときの顔は、YouTubeに投稿した父親も「注目」と書き込んでいる。

この動画は複数の米メディアやソーシャルニュース、ソーシャルブックマークなどで取り上げられたのもあってか、3月29日付の投稿ながら、4月3日時点で110万回再生と評判を呼んでいる様子。4月1日には米放送局CBSのニュース番組に投稿したカルロス・ウィテカーさんと家族が出演し、仲睦まじい雰囲気を見せている。

また、動画を紹介した米ニュースサイトのハフィントン・ポストには「素晴らしい家族」「真ん中のお姉ちゃんがいいね」などのコメントも。家族の頬笑ましい日常のワンシーンに、和む人が多いようだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.