米天気番組の本番中に恋人が“乱入”、視聴者の前で公開プロポーズ。

2010/01/01 10:11 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


夫婦となる約束を交わす“その瞬間”を思い出に残そうと、サプライズ的な要素を取り入れたプロポーズを試みる人も多い。特に海外からは日本人の感覚では驚いてしまうようなプロポーズの話題がたびたび伝えられるが、今回話題を呼んでいるのは、米天気専門局ウェザー・チャンネルの番組本番中に敢行されたプロポーズだ。

感動のプロポーズを受けたのは、米天気専門局ウェザー・チャンネルで気象予報士として出演しているキム・ペレスさん。米空軍内で天気予報の仕事に従事していた経験もあるベテランのペレスさんは、この日もいつも通り夕方5時から夜8時までの番組の中で天気を解説していた。そして番組の終盤、新年の降雨状況を説明していたペレスさんは、前方から近づいてきた人に気が付き話を中断。そのときの映像を、ウェザー・チャンネルが「Marriage proposal live on-air」(http://www.youtube.com/theweatherchannel#p/a/u/2/h7Owgwqb3l8)とのタイトルでYouTube上に公開している。

近付いてきた人物はペレスさんの恋人マーティ・カニングハムさん。ペレスさんは落ち着いているようにも見えるが、天気の解説をしているときとは明らかに声のトーンが変わり、カメラの前とは思えないムードのある雰囲気だ。そして、すぐにカニングハムさんが本題を切り出し始めると、図ったようにスタジオにピアノのBGM。膝をついて「僕と結婚してください」と言葉にすると、天気状況を説明する全米の地図が表示されていた後ろのモニター画面にはハートマークが現れ、「WILL YOU MARRY ME?」の文字を映しだした。

カニングハムさんのプロポーズに、間髪いれず受諾の返事をしたペレスさんは一度涙を拭くと左手を差し出し、薬指に指輪をはめてもらう。そして、立ちあがったカニングハムさんとキスを交わして抱き合い、そのままカメラは幸せな2人の様子を映し続けた。

YouTubeのウェザー・チャンネル公式チャンネルで公開されている動画は49秒で終了するが、視聴者が投稿したと思われる2分あまりの動画「Kim Perez gets engaged」(http://www.youtube.com/watch?v=gV4W-kVxWnw)を見ると、その幸せぶりは一目瞭然だ。抱き合ったまま会話を続け、繰り返しキス。カニングハムさんが周りを窺おうと体を離すと、ペレスさんから再び抱きしめて、さらに唇を重ねる。40秒近く抱き合った様子が放送で流れたところで、画面はようやく様子を見守っていた番組司会者のほうに。その後も2人の抱き合う姿を挟みながらCMへと切り替わる。

YouTubeには「ユニークなやり方だ」「素敵なプロポーズだ」と、2人をお祝いするコメントが並んでいる。ちなみに米ニュースサイトMSNBCによると、「カニングハムさんのラッキーナンバーである13にあやかって、どこかの月の13日に身内や友人だけの小さな結婚式をする予定」と、2人は話しているそうだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.