中井貴一がスキップに照れ照れ、本田望結&カッパ&たぬきとのCMで。

2013/12/06 04:09 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優の中井貴一(52歳)と、人気子役の本田望結ちゃん(9歳)が共演する、三菱UFJニコス「DCカード」の新CM「どんな時も」篇が、12月10日よりオンエアを開始する。

CMは、まず、ある小さな街に望結ちゃんがスキップをしながら登場。「中井さんの使っているカードはなに?」という望結ちゃんの問いかけに、自宅の玄関から出てきた中井が「もちろん信頼のDCカード!」と答える。2人でスキップをしながら、カフェ、家具店、洋服店と、 カードを使うさまざまな暮らしのシーンを訪問。教会ではカッパとたぬきが挙式を挙げており、日常だけでなく、特別な日も使えることを表現している。そしてカードを使ってたくさんお買い物をした中井と望結ちゃんが車にいっぱいの荷物を乗せて、カッパとたぬきを置き去りにしてしまう、というストーリーだ。

撮影現場では、20年以上の長きに渡り同シリーズを制作してきた中井とスタッフのチームワークは抜群。監督が指示を出すだけでなく、中井の意見を取り入れながら動きや台詞を再考するなど、中井もチームの1人として、一丸となって制作している場面が見られた。息がぴったりでスムーズに進む撮影中、「中井さん、さすが、バッチリです!」と監督が大袈裟にほめると、「バカにしてるのか!(笑)」と中井が冗談を言う場面もあり、緊張感がありつつも、終始和やかな空気に包まれていた。

昨年より新キャラクターとして登場している望結ちゃんは、今回で2回目のDCカードのCM出演。昨年よりもリラックスした表情で、合間には中井から特技のスケートについて「学校、スケート、お仕事で大変だね」とたずねられ、 嬉しそうに会話をする場面もあった。

撮影の休憩中は、意外なモノマネをして遊び始めた望結ちゃん。スタッフに教えてもらった“加トちゃんぺ”“アイーン”のモノマネがすっかり気に入った様子で、何度も「加トちゃんぺ!アイーン!」と連続披露していた。「アイーンやりすぎてアゴ出ちゃった!」と冗談を言う無邪気な姿も。一生懸命モノマネを見せてくれる望結ちゃんに、監督が「“がちょ〜ん”もあるよ!」とモノマネをやって見せると、早速“がちょ〜ん”も覚えて、モノマネ3ネタを何度も口ずさんでいた。さらに「“がちょ〜ん”が小学校の運動会で習ったソーラン節に似ている!」と言って踊って見せてくれるなど、休憩時間も無邪気に遊ぶ姿にスタッフ一同笑顔に包まれた。

中井がスキップをするシーンの撮影を終えた時、監督は「貴一さん、ピッタリ!」とOKを出すが、照れ笑いの表情をみせる中井。入れ替わりで撮影する望結ちゃんに、「意外と1人でやると恥ずかしいよ」と声をかけていた。「50(歳)を過ぎると、意外と恥ずかしい」と、いつもクールな中井には珍しく、照れ笑いの表情を浮かべる瞬間も。

そして中井と望結ちゃんが2人そろって車の急停止に飛び跳ねるシーンを撮影する時、「俺たちの息の合うシーンを見せてやろうじゃないか!」と、中井が望結ちゃんを盛り上げて、明るいムードに。中井の言葉で望結ちゃんも笑顔になり、ノリノリの雰囲気でいざ収録をスタートすると、1回目で監督からまさかの中井にNGが。思わず「俺かよ!」と中井がツッコミを入れ、望結ちゃんと監督、スタッフ一同に「わっ」と笑いが起こり、現場を楽しい空気が包み込んだ。

なお、今回の新CMソングは、スイス民謡「おお ブレネリ」のメロディーに合わせて、中井と望結ちゃんが掛け合いをしながら歌うオリジナルソング。 アフレコ収録では、見事な歌声で中井が監督とスタッフを圧倒させていた。望結ちゃんも、CM撮影の時のように笑顔いっぱいで一生懸命歌う姿が見られた。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.