俳優の小林すすむさんが死去、映画「踊る大捜査線」新作が遺作に。

2012/05/17 11:21 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


1980年代に島崎俊郎、川上泰生と結成したお笑いトリオ「ヒップアップ」のメンバーで、俳優として「踊る大捜査線」や「花より男子」などに出演した俳優の小林すすむさんが、胃がんと肝硬変のため亡くなった。58歳だった。

小林さんは数年前から病気を患い、今年2月に映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」の撮影終了後、病院で余命宣告を受けていたという。公式ブログは2月15日、「踊る大捜査線の東宝セットが終わった 月曜日に僕は上がった 火曜日はずーっと寝ていた そして、バレンタインデーば終わっていた これから少しの間ロケが始まる ホワイトデーも気にせずにすみそうだ 気にしてもなんにもならないし」とつづられたエントリーが最後となった。

小林さんは1954年生まれ、長野県出身。漫才ブームの中、「ヒップアップ」のメンバーとして「オレたちひょうきん族」など数々のテレビ番組で活躍し、その後は主に脇役として映画やドラマに出演した。ドラマ「ドラゴン桜」の理科教師・阿院修太郎役や、「花より男子」牧野つくし(井上真央)の父役、そして「踊る大捜査線」湾岸署の刑事課盗犯係長役(恩田すみれ[深津絵里]の上司役)などで知られる。


☆ラサール石井が追悼コメント

同じ漫才ブームの時代を生きた小林さんの仲間、ラサール石井は5月17日にTwitterを更新。小林さんを追悼している。

「お笑いグループ、ヒップアップの一員で、最近ではドラマの名脇役だった小林すすむが、スキルス性胃ガンのため、昨夜22時45分に亡くなりました。58歳でした。いつも柔らかい笑顔の心底いい奴でした。誰も真似のできないフワリとした味のあるいい役者でした。 遺作は『踊る大捜査線』になりました」
「小林は病気のことを誰にも知らせていませんでしたが、山田邦子が皆に知らせたお蔭で、最後の一週間は相棒の島崎をはじめ、ひょうきん族の仲間や花より男子の出演者達が見舞いに来てくれて、とても嬉しそうでした。最後は痛みも苦しみもなく、穏やかに召されていきました。安らかに眠っておくれ」

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.