松本志のぶアナがテレビ復帰、休養期間中は「ものすごく落ち込んだ」。

2011/07/13 02:09 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


5月下旬から体調を崩し、休養していたフリーアナウンサーの松本志のぶが、7月12日放送の「教科書にのせたい!」(TBS系)で仕事復帰した。その放送に先立ち、公式ブログでは復帰報告をしている。

12日付けのエントリーでは、まず、「お休みしている間、心配をして下さった皆さま、心温まるメッセージを送って下さった皆さま、どうもありがとうございました」と、仕事を休んでいた約1か月強の間に寄せられた心配の声に感謝。休養中は「アナウンサーになって約20年が経ちますが、こんなに長くお休みするのは初めてのことで、しかも突然だったので、あちこちにご迷惑をおかけしてしまった…と、ものすごく落ち込んでおりました」と、辛い日々を過ごしていたという。ただ、そんな沈んだ気持ちも「皆さんのお心遣いにとっても励まされました」とのことだ。

復帰1発目となった「教科書にのせたい!」は12日に放送されたが、収録は6月末に行われていたそうで、「なにせ約6週間ぶりの収録でしたから、かなりの緊張状態でスタジオ入りしたのですが、スタッフ・共演者の皆さんが、『お帰りなさい!』『お待ちしていました!』と笑顔で迎えて下さって、思わず感動。。。」と、当時を振り返っている。

松本は1992年に日本テレビに入社。「24時間テレビ『愛は地球を救う』」の総合司会を4年連続で務めるなど同社のエース級として活躍後、2009年3月に退社し、フリーアナウンサーとしてバラエティ番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)などにレギュラー出演している。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.