「ヱヴァンゲリヲン×箱根」熱い企画再び、箱根補完マップ第2弾を配布。

2011/01/31 17:57 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年に箱根町と「エヴァンゲリオン」の初のタイアップ企画として話題を呼んだ「ヱヴァンゲリヲン 箱根補完マップ」。マップを求めて全国各地からファンが箱根に集結、初日には400人の行列を作り、3日間で4,000部が配布されるなど、大きな盛り上がりを見せたのは記憶に新しいところだ。その「箱根補完マップ」の第2弾を今年も10,000部作成。まず、2月18日11時から、仙石原文化センターで1,000部(予定)の配布を行う。

「ヱヴァンゲリヲン 箱根補完マップ」は、現在の箱根町仙石原が「エヴァンゲリオン」の物語の中心地「第3新東京市」として登場することから実現したタイアップ企画。作品中では「第3新東京市」を中心に、芦ノ湖エリアから箱根湯本エリアまで「エヴァンゲリオン」のさまざまなシーンで箱根町の景色が描かれており、そうしたシーンを現在の箱根町で対比した場所(全28か所)を案内するのがこのマップだ。前回は映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の内容に沿ったものだったが、今回は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の内容を中心に構成し直した。仕様はA2判、両面カラー、蛇腹折りとなっている。

配布は2月18日11時からの仙石原文化センターでの1,000部に加え、3月1日から始まる「箱根補完宿泊プラン(EVA×箱根)」でも実施。こちらは箱根町観光協会会員施設の宿泊利用者に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 箱根補完マップ」とオリジナルポストカード2枚のセットを提供するもので、2月18日の配布分と合計で10,000部を用意している(※なくなり次第終了)。

また、3月1日から4月24日までは、マップと連動したポイントを巡るスタンプラリーを実施。さらに箱根町観光協会が製作した箱根オリジナルフィギュア「綾波レイ 箱根浴衣ver.」を協会員施設(ホームページ「箱根全山」で販売施設を告知)にて6,500円(税別)で販売するほか、3月中旬にはオリジナルイベントも実施する(※詳細は後日発表)など、ファン垂涎の企画が目白押しだ。

" border=0>

箱根町は前回のマップ配布の成功後、エヴァンゲリオン土産やローソンの実施した企画「ローソン第3新東京店」など、町全体で「エヴァンゲリオン」での誘客事業に取り組んでいる。今年も魅力的な企画が続々と用意されており、多くのエヴァファンが箱根町を訪れることになりそうだ。


☆「箱根補完宿泊プラン」協賛施設
箱根ホテル小涌園/仙郷楼/箱根高原ホテル/ともぎく/ホテルマイユクール祥月/寿々喜/箱根レイクヴィラ/山楽荘/箱根パークス吉野/樵山荘/白湯の宿 山田家/ホテルおかだ/ホテル南風荘/貸別荘 サンテラス箱根/KKR 宮の下/箱根・翠松園/和心亭 豊月/ホテル大箱根/ザ・プリンス箱根

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.