【豆腐グルメ】今回は『層』で攻めてみました。 −画像アリ−。

2004/07/08 13:55 Written by Maki K Wall@駐米特派員

このエントリーをはてなブックマークに追加


出来ることなら今宵も純白なアナタと…。などと豆腐に熱いラブコールを送りつつ、豆腐と私の関係は一歩、また一歩と悪化の道を辿っております。こんな私に誰がした?

今日のイントロはなんとなく象徴的ですが、ウォール真木です。こんにちは。

っていうか、所詮相手は豆腐。どんなに想い焦がれても蛋白(淡白)質だし。…ああ、今日は駄洒落も冴えずに、自分がイタイのですが。もう辞めた方が良いですか。そうですか。

なんでこんなにやさぐれ状態なのかといいますと。最近夏休みに入ってしまい、私のセントルイスの友人もやれ旅行だ、やれ帰省だ、とどんどんその数が減ってしまい…。豆腐系スイーツを食べさせる相手が不足状態。こまったな(笑)。

それでなくても、日本に永久帰国してしまった人達もいるし…。


豆腐だけ食べに帰っておいで(涙)。

まあ、ちょっとばかりワタクシの『豆腐道』(今勝手に命名)も最近士気が下がっているという、悲しい日々。

しかし!そんなある日、神の啓示のようにひらめいたスイーツが!!

「うん、コレはイケル!」

と食べる前から美味しさへの確信がもてるほど、なんだか大成功の予感がしていたのです。さあ、こうなったら作るぜ、作るぜ。アイアイサー。


豆腐を薄く切って水切り。


鉄板に並べて、上にバターを…。

これを次にオーブンでカリッと焼き上げます。そして出来上がったものを冷まします。


油揚げと見紛うような素晴らしい光沢(笑)。

で、この油揚げ…じゃなくて、豆腐のバター焼きを何層にも重ね、合間にチョコレートやナッツ、コーヒークリームを挟んでみます。最後に生クリームを回りに塗ってアーモンドの薄切りを散らします。


美しい、豆腐ミルフィユの出来上がり。

予想通りの繊細そうなデザートが完成しました。作った人の性格がそのまま反映され…てなんてことは絶対にありませんが(笑)。自分には正直に生きよう。オネスティー。

さて、今回のテイスター達に味わってもらいます。切り分けた感じもなかなかです。


美味しそうでしょ?でしょ?

なのに…。


フォークで切れない…


「何、このゴムみたいなの?」


「今回も失敗おめでとう(にやり)」

がぁーん。味自体には問題は無かったモノの(「所詮豆腐だし、こんなもんでしょ?」と言うコメントをありがたく頂戴)、豆腐が当初予想していた「ふわり、さくり」からは程遠い「ぐにゃり、がちがち」というワケ判らんシロモノに…。

豆腐を狐色になるまで…とオーブンに突っ込んでおいたのですが、どうやらそれが長すぎたらしいです。

今度こそは、大絶賛のハズだった豆腐デザートも、やっぱりお約束の失敗でした。その予想と結果の余りにもかけ離れた違いに落胆するワタクシ。それを見て慰めてくれる友人が一言

「…だけど、これよりもマズイと評判の『ラズベリー・チョコレート・ムース』って、逆になんだか興味深々」

そういえば、彼女はその時は欠席していたっけ。じゃあ、次回は改良ラズベリー・ムースでリベンジと行きますか!

こう言う気合が、きっと傍メイワクなんだろうなぁ…(笑)。

☆「ウォール真木と豆腐の戦いの歴史」を理解するための関連サイト
豆腐チーズケーキを作る …… 初の豆腐デザート挑戦。
豆腐ラズベリー・チョコレート・ムースを作る …… 豆腐とチョコの出会い。
豆腐と黒ゴマのクッキーを作る …… 豆腐とゴマ、2つの食材を合わせた結果は。
豆腐アイスクリームを作る …… 冷たい豆腐デザート。
豆腐あんパンを作る …… 豆腐とあんこの出会い。
豆腐デザート用に豆腐作り 失敗編 …… 苦難の豆腐作り編。
豆腐デザート用に豆腐作り 成功編 …… にがりの活躍。
手作り豆腐でチャレンジ! …… シュークリーム。
混ぜ物オリジナル豆腐…… ゴマだのイチゴだの。
豆腐とあんこは運命共同体…… ようかん
アメリカ人がお好きなアレ…… スモア

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.