NTTドコモの「イケテル」FOMA、x900iシリーズ。

2003/12/18 08:08 Written by コ○助

このエントリーをはてなブックマークに追加


加入者が若干減少傾向を見せつつあるNTTドコモ。auの躍進の影響が徐々に出始め、NTTドコモにも焦りが見え始めているなりが、繰り返し「次期FOMAは『本気』のラインナップで自信がある」という趣旨のコメントが関係者から出されているなりよね。機能的には現行世代の端末よりもずっと良くなり、端末としての魅力が飛躍的に増す「はず」の新しいFOMAで第三世代携帯のシェアを伸ばしていこうという計算のようなり。FOMAの加入者が伸びないのは端末の魅力が薄いという問題が一番大きいのは確かなりが、他にも改善するべきところはあるなりからね。果たして「最新の機能を詰め込んだ端末」を提供することだけで、FOMA加入者がグッと伸びるとも思えないなりが……。

その新FOMA、シリーズ名を「x900iシリーズ」と言うなりが、その端末の画像と情報が明らかとなったなり(auのアレさんより)。端末ごとのスペックを見てみると。

NEC製「N900i」
液晶:メイン 2.2インチ(6万色)、サブ0.98インチ(4096色)
メディア:miniSDカード
カメラ機能:スーパーCCDハニカム100万画素、サブカメラ搭載

松下製「P900i」
液晶:メイン2.4インチ(6万色)、サブ1.0インチ(4096色)
メディア:miniSDカード
カメラ機能:AF対応CCD120万画素、サブカメラ搭載
その他:TV出力対応

富士通製「F900i」
液晶:メイン2.2インチ(6万色)、サブ1.0インチ(EL4色)
メディア:miniSDカード
カメラ機能:CCD128万画素、サブカメラ搭載
その他:指紋認証機能

三菱製「D900i」
液晶:メイン2.2インチ(6万色)、サブ1.1インチ(6万色)
メディア:メモリースティックDuo
カメラ機能:CCD100万画素、サブカメラ搭載
その他:TV出力対応

シャープ製「SH900i」
液晶:メイン2.4インチ(26万色)、サブ1.2インチ(6万色)
メディア:miniSDカード
カメラ機能:CCD200万画素、サブカメラ搭載

端末のスペックを見比べて気が付く点といえば、全機種100万画素以上になり、サブカメラが付いていて、メディアカードスロットを装備しているという点くらいなりか。デジカメとしての機能が増した、ということ以外に、このスペックの一覧からはあまり大きな変革は感じないなりね。

auのアレさんに端末の画像がアップされているなりが、ワクワクしながら見てみたら、ちょっと、いやかなりガックリな感じなりよ。コ○助的には。各端末、やっぱり「いかにもFOMA」といった感じのゴツイ印象を受ける端末で、現行の「505iS」シリーズの方が断然格好良いなりね。物欲を刺激するのも、圧倒的に「505iS」シリーズだと思うなり。このFOMAが、今NTTドコモが考える最も「イケテル」端末なのだとすれば、かなり「イケテナイ」気がするのはコ○助だけなりかねぇ。高スペックでいろいろな機能を詰め込むのは結構なりが、果たしてそれを一般のドコモユーザーのどれくらいの人が望んでいるのやら。もう少し、魅力ある端末が出てくると期待していただけに、ちょっとガックリだったなり。って、まだ正式発表前(18日発表予定)なりが(笑)。

NTTドコモユーザー、そしてFOMAに期待していた人はぜひチェックを。


TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.