今日のはんしん 4/9。

2003/04/10 01:48 Written by コジマ

このエントリーをはてなブックマークに追加


4/8、阪神タイガースの試合結果なのだ。

阪神 4-6 中日(1回戦)
勝 遠藤(1勝)S 大塚(1S) 敗 ポート(1敗1S)
本塁打 濱中(3ラン 4号)、クルーズ(3ラン 2号)

今日の先発は、阪神が藪恵壹投手、中日が昨季阪神の守護神だったマーク・バルデス投手。

阪神は4回裏、濱中のタイムリーで先制するが、藪とバルデスの投げ合いで6回までは締まったいい試合だった。しかし、7回に藪の病気が再発する。去年までチームメイトだったクルーズに3ランホームランを食らうと、関川、荒木の連続安打で合計4点を失う。まあ、3塁打の荒木が生還しなかったのが救いだったが。

藪に代わって谷中、その後1軍に上がったばかりの球児が踏ん張って中日打線を抑えるが、バルデスに2安打だった阪神打線も、中日中継ぎ陣に沈黙を余儀なくされる。しかし、中日が守護神ギャラードに代わった9回裏、赤星、金本が連続安打の後、濱中がカウント2-0から4球ファールで粘り、レフトスタンドへ同点のスリーラン。金本バリのこの粘り、濱中の4番としての開花を感じたのだ。

延長11回表、満を持して登板したW守護神(候補)のポートだが、安打、敬遠、死球で満塁とし、谷繁に勝ち越しのタイムリーを打たれる。その裏、近鉄から移籍した大塚が登板し、金本が意地で安打を放つものの、濱中の併殺打でゲームセット。阪神は今年初の連敗で3位に転落した。

うーん、星野監督もコメントしているが、7回のイバン・クルーズ内野手に食らった3ランの後の失点が悔やまれるのだ。藪投手の一度崩れると立ち直れないクセは治らないなあ。この辺の交代の見極めが今後首脳陣に要求されるのではないだろうか。この1点が今日の試合の分水嶺だったのだ。それにしてもバルデス投手に2安打…。今季これまでの対戦チームと違って、中日・巨人は投手力も打力もレベルが上。気を引き締めていかないと、この中日・巨人の6戦で取り返しがつかないことになってしまうのだ。しかも、星野監督が移籍問題で激怒していた大塚晶文投手にも移籍初セーブで自信をつけさせてしまった。今日の収穫は、濱中おさむ外野手の4番らしいバッティングと、中継ぎながら好投した藤川球児投手だけなのだ。

明日先発は、阪神が藤田太陽投手、中日が山本昌投手だろう。日の出の勢いの太陽投手の活躍に期待なのだ。がんばれタイガース! ネバサレ! 勝ちたいねん! なのだ!

ちなみに、日ハムに移籍した伊達昌司投手が3セーブを挙げてるそうで。今日の球児投手の活躍でなんとか立て直せそうな右の中継ぎ陣だけど、星野監督は球児投手を谷間先発で使いたいはず。こんなシーズン序盤に伊達投手の放出が響くとは、うーん、心配なのだ。それにしても阪神の選手は移籍すると大きく成長する。今日対戦した中日だけでも関川浩一外野手、クルーズ内野手、バルデス投手…。もう! 在籍中に頑張ってちょ!

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.