Narinari モバイル

ドイツのビール、売上げ低迷。
07/24 12:06 コ○助


ビールと言えばドイツ。ドイツと言えばビール。そういえばコ○助の祖父も、昔ドイツに旅行に行ったときに飲んだビールがあまりにも美味かったと言っていたほど、本場ドイツのビールは美味しいみたいなりね。コ○助はビール党では無い上にそれほど酒量は飲まないなりが、人生で一度はドイツのパブでビールとウインナー&アイスバインでプハーってやってみたいなり(笑)。あぁ、良いなりねぇ。とりあえずビアホールでも行って疑似ドイツ体験でもしに行くなりか。って、単にウインナー&アイスバインが食べたい気分になってきただけなりが(笑)。

で、そのビールの本場ドイツでは、深刻なほどビールが売れなくなってきているのだとか。えぇ!なんで?という感じなりよね、それだけ聞くと。まさか飽きた・・・はずは無いだろうし。実は環境意識の高いドイツでは、今年の頭からごみ削減に向けて使い捨て容器にデポジットを上乗せする制度が導入され、缶ビールは約35円程度の値上げとなったらしいなりよ。また、デポジットという以上、空き缶をリサイクルに出せばその分は返金されるものの、返金は買った店でしかできないという不便さもあって、消費者の心がビールから離れてしまったというなり。この制度導入後、缶ビールの売上げが激減。大手メーカーは工場閉鎖などを迫られるほど、深刻な事態となっているというなり。

もちろん、缶ビールを買わなくなった消費者が全てビールを飲まなくなったわけではなく、デポジットが缶ビールに比べて3分の1程度と安い瓶ビールに流れているのは確かのようなりが、缶ビールの売上げ減少分を補えるほど、瓶ビールは売れていないというなりよ。結構本当に深刻っぽいなりねぇ。この状況に、ドイツの缶ビールメーカーは海外への輸出を増強していく道を模索しているようなので、ビール党の方々は、たまにはドイツビールなんぞも飲んでみてはいかがなりか?本場ドイツのビールを応援してあげてくださいなり。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com