Narinari モバイル

市議選で「タマちゃん」と書かれた票が有効に。
04/29 14:52


タマちゃん。毎日様々なニュースを提供してくれているわけで、注目度が高いのか他にニュースがないのかなどと色々考えさせられるわけですが、埼玉県越谷市の市議選で「タマちゃん」と書かれた一票が、「たまちゃん」の愛称を持つ玉生(たまにう)市議という候補者への有効票となったんだそうです。そんなバカな(笑)。

記事によると玉生市議は昔から「たまちゃん」という愛称だったそうで、市議になってからは現在タマちゃんらしきアザラシが目撃されている中川の浄化運動を行っていたそうで、タマちゃんらしきアザラシが中川に現れる前から、選挙公報にタマちゃんのイラストを使ったりしていたんだとか。

そんな中、中川にタマちゃんらしきアザラシが目撃されたわけですから、玉生市議は今回の選挙戦でもタマちゃんを前面に出し、河川浄化を訴えていたんだそうで。ほら、便乗なんて言っちゃダメですよ(笑)。

で、本題はここから。今回の選挙戦の中で「たまちゃん」と書かれた票があったわけで、越谷市選挙管理委員会は法令などと照らし合わせ、上記のような理由や他に該当候補がいない事から玉生市議への一票と認めたんだそうです。まぁそう言われればそんな気もしますが、注目は他にもタマちゃんと書かれた票があったけどそれは無効になってしまっているという事で。その理由はアザラシのイラスト入りだったからだそうで、公職選挙法上の「他事記載」で無効なんだそうです。議員の名前と共に似顔絵を描いたりすると無効って事ですね。

…て、普通に考えれば今のご時世でタマちゃんと書かれていれば、玉生市議じゃなくて、越谷に現れたばかりのニシタマオさんに対する悪ふざけ投票だと思えるわけで…。まぁこれが一票だけだからすんなりいったのかもしれませんけど、結構な数が投票されてたらどうなったんでしょうね?なにはともあれ、タマちゃんに票が集まる越谷市民っていったい…。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com