Narinari モバイル

都心の新名所「六本木ヒルズ」がオープン。
04/25 19:34 コ○助


4月に入ってからテレビや雑誌で続々と特集が組まれ、「台場、汐留、六本木」と都内の再開発地域を煽るような文言が目立つようになっていたなりが、いよいよ都心のど真ん中、六本木の再開発プロジェクト「六本木ヒルズ」が25日に正式オープンしたなり。就業人口は2万人、来場者数は1日10万人、日本初進出のお店を数多く揃え、夜中も営業のシネコン、日本で一番高いところにある美術館などなど、とにかく話題に事欠かないのが「六本木ヒルズ」なり。

コ○助も早速「六本木ヒルズ」に行ってみたなりが、思ったよりも狭い印象を受けたなりよ。いや、ビル自体はデカいなりが(笑)。大きなショッピングモールがデカデカと、といった感じではなく、いくつかのビルに分散していろいろなテナントが入っているといった感じ。飲食店の数もそんなに多いわけではないので、果たして12万人(就業者2万人+来場者10万人)をさばけるのかという疑問が。まあそんな皮算用通り来場者が来るかどうかは分からないなりが、ゴールデンウィークもあることだし、当分の間は混雑必至なのは確かなりね。

ところで「六本木ヒルズ」。あまり一般の人には関係のないところなりが、テナントで入る企業も要チェック。Yahoo!Japan、楽天(含:インフォシーク&ライコス)、ゴールドマン・サックス証券、J-WAVE、コナミなどなど。今調子が良さそうな企業が入っているなりが、「テナントから出て行く時=業績が悪化している」と世間から見られかねない諸刃の剣とも・・・言えたりして。特に浮き沈みの激しいネット、ゲーム関連の企業の動向には注目しておきたいところなり。

ま、そんなことはともかく、単純に全ての建物が綺麗だし、映画館も都心には数少ないシネコン、しかも夜中営業も行う&インターネット予約もできるとあって映画ファンにとっては便利かも。展望台も夜中1時まで営業しているようだし、仕事帰りに東京の夜景を見るには、かなり良さそうなりね。至近距離にある東京タワーはモロ打撃受けそうなりねぇ。

機会があれば皆さんもぜひ一度。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com