Narinari モバイル

マクドナルドに「おとうふサンド」登場。
04/16 05:15 コ○助


マクドナルドといえば、ジャンキーな食事の代名詞的存在。長くジャンクフードの代表格と言われ、後発で「自然派」を売り物にしているモスバーガーやフレッシュネスバーガーと対比させられることもしばしばなわけなりが、そんなマクドナルドもイメージ転換に躍起となっているなりよね。ジャンキーなメニューではなく、ヘルシーなメニューを揃えて、特に若い世代を取り込もうと考えているようなり。

マクドナルドに何を求めるか。パッと考えた時に、少なくともコ○助は何も求めていないような気がするなり。例えばモスバーガーやフレッシュネスバーガーは「多少高くても美味しいハンバーガーを」という期待がある。例えば吉野家や松屋には明確に「牛丼が食べたい」という希望がある。じゃあマクドナルドには何があるのかと、コ○助がマクドナルドを利用する時のことを思い出して考えてみたものの、何も浮かんで来なかったなりよ。いや、結構利用はしているなりよ。でも「なぜマクドナルドに行くのか」と問われたならば、単に「そこにあったから」という地の利の問題だけのような気がするなり。これはあくまでもコ○助が「そう思った」というだけの話なので、悪しからず。

まあでも実際に若い世代の客が離れているようだし、ウリになるものが弱い感は否めないなりよね。正直既にビッグマックは看板として引っ張るだけの力がないようにも感じるし。「おとうふサンド」は今までの商品展開とは一線を画すものになりそうなりが、果たしてその路線変更が吉と出るか、凶と出るか。

ところでマクドナルドのホームページを見ていたら、地域限定メニューのところに東京ではまだ見たことがないメニューが出ていたなりよ。ひとつは「中華風えびナゲット」。もうひとつは「イカフライ」。えび好きコ○助としてはえびナゲット、相当気になるところなり(笑)。マクドナルドもいろいろと仕掛けているなりが、この中から大ヒット商品は生まれるなりかねぇ。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com