Narinari モバイル

阪神が巨人を粉砕、単独首位に。
04/14 07:32 コ○助


昨年もこの時期の阪神は強かったなりが、どうしても「なんでこんなに強いんだろう」という不安を拭えず、なんだか落ち着かなかったような気がするなりよ。それに比べると今年の阪神は「勝つべくして勝つ」といった自信というか、安心感というか、そんなものがヒシヒシと伝わってくるので、例え負けていようとも先々に期待をしながら観戦することができるなりね。

昨日までの対巨人3連戦。正直1勝2敗でも仕方ないかなと思っていたら、終わってみれば2勝1分。巨人にけが人が続出するアクシデントに助けられてはいるものの、特に昨日の試合では苦手な上原浩治投手を攻略するなど、かなり今の阪神は強いと感じさせるものがあったなり。まあ11日の試合のように、9回2死から6点取られるのはご愛敬なりが。あれも勝てた試合だったのにもったいない。

現在阪神の打線で絶好調なのは何と言ってもFA大砲の金本知憲外野手。打率.370も立派なりが、これがまた良いところで打つなりよね。広島時代の金本選手そのままに、いや、もしかしたらそれ以上に勝負強いバッターになっているかもしれないなり。あとはジョージ・アリアス内野手。ここまで6本の本塁打を放っているなりが、このペースなら今年も30本塁打を越えるのは確実なのではないかと。コ○助も個人的にアリアス選手好きなので、ガンガン打ちまくって欲しいものなり。

主砲と期待されている濱中おさむ外野手や桧山進次郎外野手があまりパッとしないのが不安といえば不安なりが、まあまだシーズンも始まったばかり。徐々に調子を上げて打線に厚みが増すことに期待したいものなり。とりあえず単独首位万歳!(←何事にも一喜一憂)。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com