Narinari モバイル

精彩欠く天才・小室哲哉。
04/11 17:21 コ○助


もう改めて言う必要が無いくらい、小室哲哉は凋落気味なりよね。例えば今週のオリコン週間シングルチャートを見てみると、トップ30に小室哲哉プロデュースの楽曲はゼロ。かつてランキングを席巻し、一世を風靡した小室哲哉なだけに、最近のあまりにも極端な売れなさは、なかなか衝撃的ですらあるなり。

リンク先記事では、精彩を欠いている現状としてglobeの惨状を引き合いに出しているなり。なんでも、3月26日に発売したシングル「get it on now feat.KEIKO」はオリコン最高位35位で沈没。同日発売されたアルバム「LAVEL4」はオリコン初登場17位、実売は3万枚という酷い数字なのだとか。かつてミリオンセラー連発だった小室哲哉の見る影もないと言ったところなりか。

コ○助は近年の小室哲哉の低迷ぶりを眺めつつも、それでも比較的擁護派のひとりだったなりよ。globeは結構好きだったし。でもYOSHIKI加入はちょっと道を誤った感はあるなりね。コ○助は私的にはかなり興ざめしてしまった感があって、もうglobeを気にするのは止めようと思ってしまったなり。まあそれほど熱烈なファンではないから、アッサリと引いてしまったのかもしれないなりが。

最近は全然良いニュースの無い小室哲哉なので、ここはひとつ共に復活を目指すコンビということで、鈴木あみの再プロデュースをしてくれたらなぁ、なんて。いや、それは普通に話題にもなるし、売れると思うなりが、ダメなりかねぇ。小室哲哉、今後いったいどうなってしまうのやら。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com