Narinari モバイル

巨人の江藤智内野手が2軍落ち。
04/11 13:30 コ○助


今日1軍に合流する清原和博内野手に代わり、2軍に落ちてしまった江藤選手。今季はケガで出遅れた清原選手の代役主砲として期待がかかっていたものの、開幕からここまで7試合に出場、18打席(17打数)0安打、1四球、6三振。打率は当然.000と大スランプに陥ってしまっているなりね。

江藤選手は1989年に広島に入団。1992年頃から頭角を現し始め、1993年からは主砲として大爆発。本塁打王2回(1993、1995)、打点王(1995)を取るなど、セ・リーグを代表するスラッガーとして誰もが認める選手だったなり。1999年オフに取得したFA権を行使して巨人に移籍。移籍後2年間は30本塁打の大台を突破するなど、ある程度のノルマはクリアしていたように思うなりが、昨年は打率.242、18本塁打、56打点と完全に「並」の成績となってしまったなりね。そして年齢的にも(33歳)今年は背水で臨んだ年だったわけなりが、まだ開幕から7試合出場だけとはいえ、2軍落ち。やばい、やばいなりよ江藤選手。

個人的には巨人でなければまだまだやれると思っているなりよ。守備の負担が取れるDH制のしかれたパ・リーグならあと3〜4年はやれるのではないかと。今は精彩を欠いているとはいえ、これだけの大選手なりからね。巨人でダメになったから引退、ということではなく、何とか1年でも長く野球を続けて欲しいものなり。って、別に2軍落ち=引退ではないなりが(笑)。でも札幌に移転して生まれ変わる日本ハムあたりに移籍して活躍して欲しいなぁ、なんて。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com