Narinari モバイル

今日のはんしん 4/3。
04/04 06:04 コジマ


4/3、阪神タイガースの試合結果なのだ。

阪神 7-2 広島(3回戦)
勝 井川(1勝1敗) 敗 長谷川(1敗)
本塁打 濱中(ソロ 1号)、アリアス(3ラン 2号)

今日は、阪神がヤクルト戦に登板が予想されていた井川慶投手、広島は長谷川昌幸投手の先発で始まったのだ。

阪神は2回表、濱中の待望のホームランで先制。昨季は「ミスターソロホームラン」なんて呼ばれていたが、今季も第1号はソロホームランでスタート。その裏、木村拓の犠飛と西山の適時打で逆転されるが、3回表に金本の適時打ですぐさま同点。いやあ、移籍で成績が落ちることが懸念されていた金本(阪神に移籍してくる選手はみんな不調になるので)だが、さすが西の番長。このタイムリーも決してキレイな安打ではなかったけど、粘りのあるバッティングは今までの阪神になかったものなのだ。

井川と長谷川の投げ合いが続き、2-2のままラッキーセブンに突入。その表、井川が技ありのヒットで出塁、今岡二塁打、赤星凡退で打席は金本に。しかし、広島バッテリーは勝負を避けて敬遠で満塁に。3番敬遠で4番と勝負なんてなんとも悲しい話だが、濱中が意地を見せ、センターに犠飛で逆転。続いて、桧山がタイムリーツーベースのあとアリアスが3ランホームランで7-2。井川は7回裏にW木村に安打を浴びるものの、後続を抑え、完投で今季初勝利を飾った。

いやあ、観ていて(といってもヤフーの速報だけど)安心できる試合だったのだ。昨日、2人してチャンスに併殺された濱中おさむ外野手と桧山進次郎外野手は、今日はそろって打点を挙げたし、井川投手は初勝利を挙げるし、言うことなし! それにしても金本知憲外野手の加入の大きさを実感したのだ。さすがの星野仙一監督も今日はベタボメ。いやあ、今日はいい日だ。うん。

明日からヤクルト戦が始まるのだ。先発は、伊良部秀輝投手で決まり。ヤクルトは石川弥太郎投手ではないだろうか。長谷川投手を打ち込んだ今日の調子で、がんばれタイガース! ネバサレ! 勝ちたいねん! なのだ!

ちなみに、今日は金本外野手の誕生日。母校の広陵高校も12年ぶりに甲子園で優勝するし、本人も、さまざまな思いがあったであろう広島戦で大活躍。最高の誕生日だったのだ。






一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com