Narinari モバイル

香港の俳優、レスリー・チャンが自殺。
04/02 05:02 コ○助


正直、どうコメントすれば良いのか分からないくらい、今コ○助は動揺しているなり・・・。

現地の有線テレビ局によると香港島の中環(セントラル)のホテルから転落。遺書が発見されたことから自殺したと見られているようなり。仕事は順調だったなりが、友人関係で悩んでいる節があったのだとか。

コ○助とレスリー・チャン(張國榮)の出会いは香港映画を本格的に観るようになってからだったので、1993年頃からなりか。チェン・カイコー(陳凱歌)監督の「さらば、わが愛/覇王別姫」でコン・リー(鞏俐)と共演しているのを観た時には「雰囲気のある役者さんだなぁ」と思った程度だったなりが、当時は既に香港の大スター。その後ウォン・カーウァイ(王家衛)監督の「欲望の翼」「楽園の瑕」「ブエノスアイレス」、ピーター・チャン(陳可辛)監督の「君さえいれば 金枝玉葉」「ボクらはいつも恋してる!・金枝玉葉2」、チェン・カイコー監督の「花の影」などなど、本当にたくさんのレスリー・チャン出演作を観て、トニー・レオンと共にコ○助にとって(というよりも香港映画界にとって、なりが)必要不可欠な役者さんだと認識するようになったなりね。

レスリー・チャンは日本でコンサートを行ったり、常盤貴子と共演した「もういちど逢いたくて・星月童話」もにわかに話題となっていたので、特にファンで無くてもご存知の方は多いのではないかと。香港のトップ役者というだけでなく、その主演作が世界の映画祭で高評価を受けることもしばしばだっただけに、惜しい才能を失ってしまったなりね。享年46歳。これから俳優としてだけでなく、映画製作にも積極的に乗り出していくと言われていただけに、香港映画ファンとしては本当に残念でならないなりよ。ご冥福をお祈りしますなり・・・。(>マリンスノーさん、あみさんサンキュなり)




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com