Narinari モバイル

元ベガルタ仙台の藤吉信次選手が中国リーグ入り。
03/31 00:08 コ○助


おお、藤吉選手じゃないなりか。かつてヴェルディ川崎の人気者だった藤吉選手。Jリーグ創立時の、今思えば異常なまでのサッカー人気の中で(またサッカー人気が盛り返してきているのは確かなりが、当時は今とは異なる変な盛り上がりだったような気がするなり)、藤吉選手はスター軍団ヴェルディ川崎の一員ということもあってかなりの人気を集めていたなりよね。

そんな藤吉選手はヴェルディ川崎から京都パープルサンガ、ベガルタ仙台と渡り歩き、昨年末に戦力外通告。国内での移籍先を探していたものの、所属チームが決まらないでいた時に中国Cリーグ2部の「成都五牛」への移籍話が浮上、藤吉選手も移籍を熱望したことから一気に話がまとまったようなり。

中国リーグ、しかも2部という意外な選択ではあるなりが、中国リーグには元イングランド代表のスーパースター、ポール・ガスコイン選手などもプレー(Cリーグ2部甘粛天馬所属)しているほか、過去には元ブラジル代表のジュニオール・バイアーノ選手(上海申花)や、パラグアイ代表のホルヘ・カンポス選手(北京国安)などもプレーをしていたことがあり、1994年の国内リーグ発足以降、着実に実力は上がってきているようなりね。

なかなか情報は伝わってこない地域ではあるなりが、藤吉選手の活躍の報が日本にも頻繁に届けられることを祈るなり。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com