Narinari モバイル

ケータイ新製品SHOW CASE「A1301S(スペースブラック) 」。
03/28 01:06 コ○助


毎度おなじみケータイWatchのケータイ新製品SHOW CASE。今回はauのソニー・エリクソン製端末「A1301S」のレビューなり。これまでも「A1301S」のレビュー記事はたくさんあったなりが、これで駄目押しということで。

「GPSやJavaに未対応という非常に微妙な位置づけなので、SH-Mobile搭載のA5303HやBREW対応のA5304Tなんかが出ているだけに、ハイエンド志向のユーザーにとっては実に悩ましい状況だ」
「実際に使ってみると分かるのだが、カメラモードの起動から動画を含む撮影データのプレビュー・保存まで、本当にサクサク動作する」
「レンズ周囲の金属っぽい質感でカメラに高級感を持たせつつ、端末にうまく収めてあるのも好印象」

他のレビュー記事でも高い評価を受けていたポイントとして、「高速処理」というのが挙げられるなりね。どの記事でも絶賛しているということは、恐らく本当に体感からして速いのではないかと。メニュー操作からカメラでの撮影に至るまでストレス無くキビキビ動くという点は、購入前にぜひとも実機でチェックしておきたいところなり。

おっと、ケータイ新製品SHOW CASEが駄目押しのレビュー記事だったなりが、もうひとつZDNetに「A1301S」のカメラ機能についてのレビュー記事があったので、駄目押しの駄目押しで。

「おもしろいのはPCモード時は横長の写真が撮れること。だからカメラを横にして撮る必要がある」
「気がつくのは、画角がかなり広いこと。広い範囲が写るのでこれは非常によい」
「フォトライトはたいして明るくないため、役に立つのはよほど暗いところで近距離の撮影をしたいときだけだろう。おまけと思ってよさそうだ」

実際の撮影画像がサンプルとして掲載されているなりが、搭載されているのが31万画素CMOSカメラなので、ちょうどオモチャデジカメのような画質。Webで使う分には十分な画質かもしれないなり。結構良いかも。

「A1301S」はかなり人気が高いようで、コ○助の家の近所のauショップでは完売、入荷日未定という状態。コ○助も段々と機種変更する方に気持ちが傾いてきたなりが、はてさて、欲しいと思った時に端末を売っているお店に出くわすかどうか。熱が冷めないうちに売っているお店を見つけて、機種変更したいと思いますなり。って、また実際に機種変更する段になったら相当悩みそうなりが(笑)。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com