Narinari モバイル

ブンデスリーガのバイエルン、セリエAに移籍か。
03/23 16:04 コ○助


3月23日現在、ドイツ・ブンデスリーガの首位を快走する強豪のバイエルン。ブンデスリーガに無くてはならないクラブのひとつなりが、バイエルンの会長にして元ドイツ代表のスーパースター、フランツ・ベッケンバウワー氏が「セリエAにクラブを移籍させる」という仰天プランを披露し、波紋を呼んでいるようなり。

このファンにとっては衝撃の発言、放映権料に関するトラブルが原因なのだとか。なんでも、バイエルンは独自にキルヒ・メディアグループと放映権に関する契約を締結したものの、勝手に契約を進めたことに激怒したリーグ側がバイエルン側に「契約で得た2150万ユーロ(約27億5300万円)の放映権料を全クラブに分配&50万ユーロ(約6400万円)の罰金」という要求を突きつけたため、ベッケンバウワー氏の「ブンデスリーガから離脱」という発言が飛び出したようなり。

実際イタリアのクラブで構成されているセリエAに、ドイツに本拠を置くクラブが参加できるのかという素朴な疑問もあるなりが、それはどうやらUEFAが承認さえすれば可能らしいなりよ。まあ売り言葉に買い言葉的な発言のような気もするなりが、今後バイエルンがどういう行動に出るのかは、興味を引かれるところなりね。しかしこの話を聞いて、ふと日本のプロ野球で盛んに「リーグ離脱」を唱えていた某ナベツネを思い出してしまったのは、コ○助だけでは無いはずなり(笑)。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com