Narinari モバイル

オリックスのマック鈴木投手が乱調、開幕2軍の可能性も。
03/22 08:19 コ○助


今年は例年になくメジャー帰りの選手が多いプロ野球なりが、中でも日本球界でのプレー経験が無く、最も若いマック鈴木投手には注目が集まっているなりよね。昨年のドラフト直前に、当初入団が決定的だったヤクルトからオリックスが「強奪」したのも、マック鈴木投手の能力を高く評価し、是が非でも欲しいというオリックスの決意の現れだったように思うなり。

ところが。まだオープン戦とはいえマック鈴木投手はその期待を裏切るような登板を続けているなり。
オープン戦初登板、というよりも日本での初登板となった3月8日のヤクルト戦では2回を投げて6安打5失点。12日のウエスタン教育リーグ・ダイエー戦では5回を投げて5安打2失点。21日の同じくヤクルト戦では2回を投げて7安打7失点。一度も満足のいく結果を残すことができず、計9回を18安打14失点と散々な内容となっているなり。

この成績の悪さは、マック鈴木投手のスロー調整の結果なのか、もしくは日本のプロ野球を探っているからなのか。それとも単に日本では通用しないということなのか。いずれにしても、あまりに寂しい結果なりよね。まだ本番では無いので修正の余地はあるなりが、オリックス首脳陣は2軍落ちも検討しているようなので、いよいよ後が無くなってきた感じがするなり。一時は「オリックスの救世主」と呼ばれたマック鈴木投手。どうか開幕の段階で1軍に残っていますように。そしてどうか活躍してくれますように。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com