Narinari モバイル

イラク攻撃によるスポーツへの影響(3月19日)。
03/19 08:39 コ○助


18日に行われたブッシュ大統領の「フセイン国外退去勧告」、そしてフセイン大統領の「勧告拒否」によって戦争が避けられない事態となってしまったなりが、早くもスポーツへ大きな影響が出始めているなり。

まだ決定では無いなりが、日本で開幕戦が予定されていたメジャーリーグ、アスレチックス-マリナーズ戦が中止になる可能性が高まって来たようなり。19日付の日刊スポーツでは「開幕戦中止」と断定的に報じており、仮に中止が決定した場合にはアスレチックス-マリナーズ開幕2連戦、それに両チームと巨人、西武、ダイエーとのオープン戦がキャンセルされることになるなり。
安全上の問題(球場の警備、飛行機での移動等)や、戦争の時に母国を離れたくないといったことが中止が検討されている理由。確かに日本でイチロー外野手や佐々木主浩投手、長谷川滋利投手の活躍を目の当たりに出来る絶好の機会なので楽しみなイベントではあるなりが、何かあってからでは困るなりからね。中止もやむを得ないのではないかと。

イラク攻撃による影響はサッカー日本代表のアメリカ遠征にも出てきそうで、日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンは外務省の判断次第では遠征を取り止めることを明らかにしたなり。アメリカ国内はテロ警戒レベルが引き上げられている緊迫した状況に突入しているので、こちらも危険な場所にあえて遠征しなくても、といった感じはするなり。選手に何かあったら・・・何が起こるか分からない状況なのは確かなりからね。選手の安全確保を第一に考えて決断して欲しいものなり。

まだまだこれから多くの影響が出てきそうなスポーツ界。何かあればまとめて伝えて行きたいと思いますなり。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com