Narinari モバイル

ズワイガニが豊漁、値段はピーク時の3分の1に。
03/10 16:10 コ○助


エビ、カニ大好きな典型的な日本人であるコ○助にとっては最高に嬉しいニュースなりよ、これ。なんでも1970年代から80年代にかけて激減していたズワイガニの漁獲高が、今季は絶好調。過去最低だった1991年度の約3倍の漁獲高を記録し、価格もそれに伴って値下がりをしているというなり。

ズワイガニが高値となったのは、ひとえに乱獲によって漁獲高がグッと減ってしまったから。減り続ける漁獲高とは反対に需要は急増していったために、必然的に価格は高騰してしまったなりね。バブル期には1匹20万円という、恐ろしい値段のついたズワイガニもあったのだとか。
こうした状況、そして将来のズワイガニの展望について懸念した水産庁は、1980年代から積極的にズワイガニの保護に乗りだし、同じくズワイガニ漁の盛んな韓国とも連携してズワイガニを増やす努力をしてきたようなり。そういった努力が実って、今季は豊漁となっているなりね。

注目の価格なりが、1kgあたりの平均単価は、バブル期の平均が1万2000円超だったのに対し、現在は4000円程度まで下がっているようなり(雄の価格)。なので実際に店で食べたり、買ったりする場合にはもう少し高くなると思われるなりが、今はネット通販が普通に楽しめる時代。きっとズワイガニ漁をしている地域の水産物店のネットショップなどを利用すれば、かなり安価でズワイガニを食べることができるのではないかと。

もうすぐ冬も終わりを告げる季節になってきたなりが、最後の鍋は豪勢にズワイガニをふんだんに使ったカニ鍋なんて良いかも。あー、食べたくなってきたなり(笑)。この安価なチャンスにぜひ。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com