Narinari モバイル

阪神、オープン戦開幕4連勝。
03/08 08:23 コ○助


はい、そこ。毎年のこととか言わない(笑)。そう、阪神はオープン戦強いのが伝統になりつつあるなりが、一昨年までのパターンとしては、オープン戦で頑張りすぎて春先に失速。毎年のように「春の珍事」と言われ、その呼び名も飽きられてきたのか最近は「恒例の」とか言われるようになってしまったなりよね。でも昨年は一昨年までと違ってオープン戦の余勢を駆って開幕スタートダッシュに成功。一時は首位に立つなど、阪神ファンに大いに夢を見させてくれたなり。夢は夢だったなりが(笑)。

でも、きっと違う。きっと違うはず。今年こそはきっとやってくれるはず。毎年そう思いながらオープン戦で好調な阪神を見ているなりが、本当にこの2003年は違うような気がしてならないなりよ。まだ打の主軸になる金本知憲外野手、投の軸になる伊良部秀輝投手が1軍のオープン戦に合流していないし、完全なかたちでは無い状態で4連勝というのは、まだまだ余力を隠していると考えても良いのではないかと。とはいえ、例えば昨日の試合だと今岡、赤星、桧山、浜中、アリアス、矢野といった「ほぼフルメンバー」が出場しているので、端から見たらオープン戦から「勝ちに行っている」と見えるかもしれないなりが。いやいや、まだまだこれからなりよ。これから。

で、昨日のダイエー戦。ダイエーは紅白戦やオープン戦でも福岡ドームでの試合には満員の客を集める動員力が素晴らしいチームなりが、昨日も4万8000人の超満員。ダイエーの営業力は本当に凄いなり。
試合の方は阪神が6連打を含む15安打8得点で爆勝。まあ多くは語らないなりが、やはり例えオープン戦とはいえ勝つのは嬉しいなりねぇ(笑)。

どうか今年は好調な時期が春だけで終わりませんように。コ○助に1985年以来の興奮を!




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com