Narinari モバイル

関東地方に春一番。
03/03 17:19 コジマ


「1、2、3、ダァー!」のものまねの人が関東に来たわけではない。なんだか今日は暖かいなあと思っていたら、春一番だったのだ。昼過ぎで17.5度。ついに待ちわびた春が来た。昨年より12日も早いらしいけど、寒さにウンザリしていたからとても嬉しい。これからは暖かくなるばかり。秋の枯れていく侘びしさも好きだけど、ほんわかしてるなかに生命の息吹を感じる春はやっぱりいいものなのだ。花粉さえなければ。

春一番とは、この時期に吹く強くて暖かい南風のことで、春の訪れを告げる風として、1950年代にテレビの気象ニュースで呼ばれはじめたそうな(北海道にはないらしい)。毎年、春一番の日は、見ちゃいけないと思いながらも、スカートの女性が前にいるときに風が吹くと「むむむむむ」と期待してしまうのだ。いや、見たってどうしようもないんだけど(笑)。しかしこの風、別名「春嵐」「カラシ花落とし」と呼ばれ、安政5年に九州の玄界灘で53人の犠牲者を出したのをはじめ、海難事故や雪崩を起こすものとして昔から恐れられていた。海にたずさわる人や登山する人はくれぐれも注意してほしいのだ。

春一番の翌日は真冬並の気温になるらしいので、明日は防寒に気をつけて出かけましょう。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com