Narinari モバイル

「ヒデも俊介も司令塔に向いてない」チームメート語る。
02/06 18:23 コジマ


イタリアサッカーリーグ・セリエAの中田英寿選手(パルマ)と中村俊輔選手(レッジーナ)について、今季途中にパルマからレッジーナに移籍したエミリアーノ・ボナッツォーリ選手がサンケイスポーツの単独取材で、「彼らはチームのために自分を犠牲にするトルナンテ(イタリア語で「戻ってくる」の意味)。指令塔は、彼らに適したポジションではない」と語った。

司令塔とは、攻撃の起点となりゲームメイクをしていく中心的な選手のことなのだ。フォワード(トップ)に最終パスを出すのが最大の仕事のため、2列め、つまり「トップ下」に配されることが多い。イタリアではこのトップ下(イタリア語でトレクアルティスタ)の選手の課せられている守備の割合がとても低いそうな。ボナッツォーリ選手が言いたいのは、「トップ下のくせに戻りすぎだっつーの!」ってことなんじゃないかなあ。ボナッツォーリ選手はトップで二人のパスを受けてきたから、なかなか信憑性のある発言ではないだろうか。

そうは言っても、日本代表でこの2人以外の司令塔向きっていったら鹿島アントラーズの小笠原満男選手くらいしかいなし・・・、どうせえっつーの。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com