Narinari モバイル

イワシが1キロ2100円まで高騰、キンメダイ並の高級魚に。
02/02 20:29 コ○助


イワシの漁獲高が激減しているというニュースは何度かお伝えしているなりが、現在の東京・築地市場での取引価格の平均がカレイを抜き去り、キンメダイ並の価格水準となっているということを改めて聞くと、本当に高級魚になりつつあるんだなぁ、としみじみと感じてしまうなりよね。

以前はどんな回転寿司レベルの寿司屋であろうとも脂の載ったイワシの握りが必ず食べられたものなりが、最近は「イワシ有りますか?」と聞くと「ごめんなさいね。今日は無いんだ。アジならあるんだけどねぇ」と、イワシを入荷していないケースが目立つようになってきたように感じるなりよ。「今日は」とか言って入荷しているのを見たことが無かったりするなりが(笑)。そしてアジは決してイワシの代替えにはならないなりよね。アジよりもイワシの方が脂の載り方が良いので、アジでは若干物足りなく感じてしまうなり。アジはアジで美味いなりが、イワシの代替えでは無いなり。

イワシの漁獲高の激減はなぜ起こったのか。その明確な理由は明らかになっていないなりが、乱獲だけが原因では無いのは確かなようなりね。イワシにはめちゃくちゃ獲れる時期と全く獲れない時期が交互に訪れるパターンがあるようで、現在は全く獲れない時期に当たってしまっているのだとか。ただ、いかにパターンがあるとは言っても、確実に次のめちゃくちゃ獲れる時期がやって来るという保証は何もないだけに、やはりイワシがこのまま食卓から姿を消してしまいはしないかと、心配になってしまうなり。コ○助もイワシ大好きなので、そんなことになったらショック大きすぎなり・・・。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com