Narinari モバイル

ヤンキースの松井秀喜外野手、オープン戦で第2打席で本塁打。
02/28 08:49 コ○助


松井選手、やっぱり凄いのかも。いや、まだオープン戦なのでそう評価するのは早計。でも、初安打が本塁打というのはさすがなりね。華のある選手なのは間違いないなり。

松井選手は27日(日本時間28日)に行われたレッズとのオープン戦第1戦に「5番・レフト」で先発出場。第1打席はサードゴロだったなりが、第2打席に2ラン本塁打。第3打席はセカンドライナーで、結局この日は3打数1安打2打点で途中交代したなり。

この本塁打は左腕のジミー・アンダーソン投手から放ったものなりが、日本時代からあまり「左対左」も苦にしないタイプの打者だったので、メジャーでもそれがそのまま活きている感じなりね。それにしても、本塁打デビューとは。打つことがチームメイトの信頼を勝ち取る手段でもあるので、良いアピールになったことは間違いないのではないかと。

試合後の松井選手の談話。
「本塁打を打てるとは思っていなかったので、これで多少落ち着いた」

オープン戦飛ばしすぎて本番でガクッというパターンだと困るので、オープン戦はほどほどの活躍で良いように思うなりが、打たなきゃ打たないで「メジャー通用せず」といったことを書かれそう。なので、やっぱり松井選手はオープン戦からガンガン打っていくしか無さそうなりね(笑)。大変なりが、頑張って欲しいものなり。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com