Narinari モバイル

ソニー・エリクソン、au向けカメラ搭載端末「A1301S」を発表。
02/28 08:10 コ○助


春先に出る、出ると言われていたソニー・エリクソン初となるカメラ搭載端末、ようやく発表されたなりね。コ○助も「au×ソニー・エリクソン」のユーザーとして、発表を心待ちにしていたなり。

発表された「A1301S」は、型番通りエントリーモデル。なので「ezplus」やGPS、BREWなどには未対応なりが、動画メールが送れる「ezmovie」や、MP3ファイルの着信メロディを使うことができる「着うた」サービスには対応。カメラも搭載されていて、動画も静止画も撮影することができるので、これで十分という人も多いかもしれないなりね。詳細なスペックは以下の通り。

・280度の回転可能な31万画素のCMOSカメラ、フォトライト搭載。
・128×96ピクセルの動画撮影機能。
・VGAサイズ(640×480)までの静止画撮影機能、3〜8倍ズーム
・外側2面のパネルを交換することができる「デュアル着せ替え」。
・6万5536色表示のTFT液晶。
・辞書ダウンロード対応の「POBoX」。

モバイル環境で写真が見られない人は「どんなデザインで、どこにカメラが??」と思っている人もいると思うので簡単に説明すると、閉じた状態の外観はNTTドコモの「SO212i」に似ている感じ。端末を開くと内側は「A3014S」とほぼ変わらぬデザインとなっているなり。肝心のカメラは折畳みのヒンジ部分に内蔵されているなりよ。イメージ的には先日発売された日立製作所製の「A5303H」のようなカメラなりね。クルリと回転するあたりも似ているなり。位置的にはベストのところにカメラが収められているのではないかと。

「ソニー・エリクソン端末のキモは着せ替えにアリ」なんて言う人もいるなりが、「A1301S」の着せ替えは豪華なデュアル仕様。外側2面のパネルが交換できるので、パネルを変えればあたかも別のカラーの端末になったかのような、そんな素敵な仕様となっているなり。カラーラインナップはスペースブラック、ミスティホワイト、チタンシルバーの3色だけなりが、用意されている別売りパネルのバリエーションが豊富なので、ラインナップは抑えめの色になっているようなり。

コ○助も「A1301S」が出たら即機種変更しようと思っていたなりが、やっぱり今回は見送ることにしたなりよ。「A1301S」には魅力を感じまくりなりが、ソニー・エリクソンが既に100万画素クラスのカメラを携帯電話に搭載するべく、CCDの生産に入っているというニュースがチラホラと出ているので、ソニー・エリクソン製の上位モデルが出た時に「あ〜!10ヶ月経ってないよ!」と悔しい思いをしないためにも、今はグッと我慢して「A1301S」を見送ることにするなり。早く上位モデル出ないなりかねぇ。夏までお預けっぽいなりが(笑)。ここで焦って機種変更してしまうか、もう少し様子を見て我慢するか。難しい分かれ道なり。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com