Narinari モバイル

携帯電話のカメラ、「100万画素以上ほしい」は24%。
02/26 08:51 コ○助


インフォプラントがカメラ付携帯電話ユーザーに対して「携帯電話についているカメラの画素数は、どのくらいあればいいと思うか」というアンケートを行ったところ、現状の30万画素前後で満足しているという人は13%程度で、全体の約60%以上が画素数がアップすることを希望しているようなり。

携帯電話に搭載されたカメラは、今年の早い段階で100万画素を突破すると言われているなりが、CMOSではなく、CCDが搭載されるのであれば、単純に実用的なデジカメと携帯電話が合体しているようなものなので欲しいと思う人は当然多そうなりよね。今のカメラ付携帯電話はプリクラレベルの画質なので、スナップ写真など気軽に撮れて満足の行くレベルの画質であれば、カメラ付携帯電話がさらなるブレイクをしそうな予感はするなり。常に持ち歩く携帯電話なので、別々に携帯電話とデジカメを持ち歩くよりは飛躍的に利便性が向上するのではないかと。
しかし、携帯電話のカメラが高画素化すればするほど、既存のデジカメメーカーは苦しくなっていくなりよね。いずれは100万画素クラスのカメラの主流は携帯電話、300万画素以上の高画素クラスはデジカメといった棲み分けが完全にできるのかも。これまで低画素の、いわゆる「トイデジカメ」を発売してきたメーカーは苦しい立場になりそうなり。

かく言うコ○助は、いまだにカメラ付携帯電話を触ったことも無いなりよ。まあ、そこら辺はソニー・エリクソンの次期端末に期待というところなりが、でも「Cyber-shot U」も買ったばかりだし、携帯電話にカメラ、本音を言えば「当分要らない」のかも(笑)。実はそんな人も意外と多いような気が。皆さんはどうなりか?本当に携帯電話にカメラ、必要なりか?




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com