Narinari モバイル

カージナルスの田口壮外野手、内野手転向の可能性も。
02/25 08:07 コ○助


田口選手は今でこそ外野手としてプレーをしているなりが、関西学院大学からオリックスに入団した時には「大型内野手」としてドラフト1位指名を受けていたなりね。入団後もしばらくは内野手としてプレーをしていたなりが、仰木彬監督の薦めで外野手にコンバート。これは田口選手がスローイングに少々難があり、悪送球をしやすいということが理由だったと言われているなり。また、単純に足が速くて肩の強い田口選手を活かすポジションを、仰木監督が与えたということでもあるなりね。

ちなみに、田口選手にはドラフト時にオリックスと阪神が猛アプローチをかけていたなりが、阪神はショートを10年任せられる選手として獲得に乗り出していたなりね。ただ、田口選手の当時の言動を思い出す限りでは、阪神入りの可能性は最初からゼロだったようなりが(笑)。まあそんな昔の話はどうでも良いなりか。

オリックスではイチロー選手との外野コンビが印象深いので田口選手に対しても外野手のイメージしか無い人も多いかもしれないなりが、上手い下手は別にして「そもそもは内野手だった」ということを考えれば、カージナルスのチーム事情で内野手に転向するのもアリはアリなりか。現在のカージナルスは内野手が不足しているようなので、外野手として出場機会を得られるかどうか微妙な田口選手が1試合でも多くメジャーでの試合に出るためには、結構良い話なのではないかと。カージナルスのラルーサ監督もこのアイデアには「悪くない考えだと思う」と乗り気のようなので、ひょっとしたら今季は内野でレギュラーとしてプレーをする田口選手を見ることができるかもしれないなりね。とにかく試合に出て、今年はメジャーリーガー・田口壮としての日記(公式サイトの日記)を届けて欲しいものなり。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com