Narinari モバイル

阪神オープン戦初戦、西武戦は3-2で快勝。
02/24 08:24 コ○助


阪神と西武は互いに高知県でキャンプを張っているチーム同士ということで、毎年オープン戦初戦を戦うのが恒例となっているなりが、いよいよ今年もオープン戦が開幕。本番のシーズン開幕まであと1ヶ月に迫ってきたなり。

今年の阪神-西武戦、阪神は安藤優也投手、西武は許銘傑投手の先発でスタート。阪神は毎年このオープン戦開幕戦には今季期待の投手を先発にさせているなりが、安藤投手は2年目の今季の飛躍が期待される期待の星。ちなみに昨年は阪神は谷中真二投手、西武は許銘傑投手だったなり。あれ、許銘傑投手は2年連続オープン戦開幕投手なりか。

試合は阪神4番に座った浜中おさむ外野手、1番に座った赤星憲広外野手が共に2安打を放つ活躍を見せたほか、5番で出場したジョージ・アリアス内野手がタイムリーを放つなど、随所に良さが現われて今年も阪神が快勝。このオープン戦開幕戦の西武戦にはめっぽう強いなりよね、阪神は。と、言うよりも、オープン戦から開幕当初までの暖かい時期は毎年調子良いじゃんとの皮肉も聞こえて来そうなりが(笑)。いえいえ、今年は突っ走って行くなりよ。

プロ野球開幕まで、もうすぐ。シーズン到来が待ち遠しいなり。




一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com