Narinari モバイル

NTTドコモ、4月にもFOMAとPDCのデュアル端末を投入へ。
02/19 08:40 コ○助


なかなか普及せずに苦しんでいるFOMAの起爆剤として、以前から投入することが発表されていたFOMAとPDC(現行世代)のデュアル端末なりが、発売のスケジュールが明らかとなったなり。

デュアル端末とは、簡単に言えばFOMAのサービスエリアとPDCのサービスエリア、両方で使える端末のこと。これまでFOMA苦戦の要因のひとつとして「サービスエリアの狭さ」が挙げられることがしばしばだったなりが、日本全国をカバーしているPDCのサービスエリアでも使うことができるデュアル端末が投入されれば、FOMAを利用する人が増えるのではないか、との判断なりね。
1つの端末で2つの方式を使うことができるのは確かに便利そうではあるなりが、FOMAのサービスエリアは、当然PDCもサービスエリア。そういう意味ではPDCユーザーをFOMAに引き込むほどの魅力は無いなりか。あくまでも既存のFOMAユーザーの使い勝手が向上するだけのような気もするなり。そうなると、やはりFOMA自体の魅力がもっと引き出せないと、苦戦は今後も続くかもしれないなりね。まあこのデュアル端末がPDCの端末と同程度か、それよりも安いということであれば、普及する可能性も無くはないなりが。でもそんなことは無いと思われるので、やっぱり苦戦という流れなりか。

一番の問題は、PDCユーザーがPDCで満足してしまっていること。通話できて、メールできて、iモードできて、Javaも動いて、カメラも載っていて。これ以上携帯に望むものは無いと感じている人も多いと思うので、FOMAはもっとテレビ電話以外の魅力をバババーンと打ち出せないと、現状を打破することは難しいのではないかと。もしくはKDDIのように全てをFOMAに切り替えるとか。でもこれはNTTドコモの場合にはあまり現実的では無いなりか。

いったいFOMAの行く末はどうなることやら。






一覧へ戻る
トップへ戻る



© Narinari.com